« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月29日 (木)

松戸 スターバックスコーヒーのザッハトルテ再訪

今日は「みどりの日」の祝日だけど、ワタシは休日出勤でした。
休日出勤の場合は少し融通が利くので、時差出勤して早目に退社。
つい最近まで寒い寒い空模様だったのに、いつの間にか日が伸びたのに驚く。
明るいうちに帰れるって、なんかいいな。

小腹が空いたので松戸のスターバックスコーヒーに寄り道して行きます。
ザッハトルテ390円にペストリー用ホイップクリーム50円を添えて。
ドリンクはドリップコーヒーのショート290円。
いちばん小さい「ショート」でも飲み応えがあります。
コーヒーは砂糖なしで、牛乳を注ぐ。
Photo_3
今日はクリームの絞り方がイマイチ美しくない…。
口に入れてしまえば味はいっしょなんですけど。
Photo_4
でも濃厚なチョコレートケーキ、好きです。
Up
この美しく均整の取れたケーキに傷をつけるのは惜しいけど…
丁寧にフォークを入れて、一口分を切り取ってクリームといっしょに、ぱくっ!
幸せな甘さが舌の上に広がります~。
やみつきになりま~す。

2010年4月28日 (水)

日比谷 紅鹿舎のチョコレートパフェ

疲れた…けど、口直しに甘いものを食べたいな。
ワタシのアタマには紅鹿舎チョコレートパフェ800円しかない。

混んでいるかと思って店内を覗くと、あんがい空いていたので入口近くの禁煙席に座りました。
パフェグラスの上にてんこ盛りの生クリームにバニラアイス、蜜柑、チョコレートスティック、ウェハース、そしてチョコレートソースの華麗なるコラボレーション。ここの生クリーム、ほんとうに美味しくて大好きです。
紅鹿舎にはほかにもマロンパフェ、季節のパフェ(たいていは苺パフェらしい)など数種類ありますが、ほかのパフェには目もくれず、ひたすらチョコレートパフェ一筋。
自分のお金でチョコレートパフェを食べられるって幸せだな。

お店の雰囲気は必ずしも全面的に感じよいわけじゃないですが。
Photo_2
しかし、コレだけ食べたらお腹は十分過ぎるくらいになりました。
帰りの電車の中で胃が張って張って苦しかったくらい。
ワタシの場合、あんまりお腹いっぱいだと“肩”(肩甲骨)にきます。
肩が痛いんですよ、カタが!!

新橋 はと屋のコロッケピラフセット

疲れたけど、仕事帰りに新橋に寄り道。
どうしても景気付けに旨いモノをお腹に入れたい気分だったので、久しぶりに はと屋の暖簾をくぐります。
いつもならコロナポといこところですが、この日、注文したのはエビピラフ+コロッケのセット950円。
ワタシは海老は駄目なんだけど…ちょっと考えましたが、除ければいいか。

そこそこ若手のコックさんが油を張った鍋でコロッケをじっくり揚げる傍ら、ちゃっちゃとゴハンを炒めてピラフを作ってくれます。
ものの5分ほどでセットのプレートが登場。
キャベツサラダ、福神漬け添え。
サラダには和風ドレッシングを使いました。
お味噌汁は豆腐と若布、葱。
Photo
揚げたてのコロッケは外側はさくさく、中身はクリーミー。
ピラフは海老のざく切り(ワタシは食べませんが)、玉ネギ入り。
はと屋のピラフ、初めてですがほくほくして美味しいです。
2
ただ、考えたら昨夜もチャーハンだったな…同じようなメニューを二日続けて食してしまった。
まあ、美味しいからいいとする。
今度は、コロッケとドライカレーのセットにしよう、っと密かに心の中で算段。

このとき、店内では和服姿の銀座のきれいどころ?がお得意さん?といっしょにビールを飲みながら出勤前のお食事中だったりしました。
ワタシが入店したときはガラガラに空いていましたが、食べているうちに勤め帰りの人たちが次々にやって来てカウンターはほぼ満席の盛況に。
さすがは安くて旨い人気の洋食店。
間もなく建て替えられてしまう歌舞伎座の「さよなら公演」が千秋楽を迎える夜のことでした。

2010年4月27日 (火)

松戸 新宿らーめん亭の餃子とカニチャーハン

夕食は、今日も松戸で外食。
冷たいものが飲みたくて、ボックスヒル7階の新宿らーめん亭へ。
とりあえず生ビール(小)420円。
仕事を終えた後のビールはこたえられないねえ。
Photo_7
お待ちかねの餃子3個240円、カニチャーハン770円。
Photo_3
チャーハンはチャーシューばっかり、カニの存在は希薄であった。
Up_2
たまに、むしょうに餃子が食べたいことがあります。
ワタシは餃子をラー油にドボッとつけて食べるのが好き。
だから、焼き餃子に限るのです。
Photo_4
スープは刻み葱とほうれん草入り。
Photo_5
悪くはない…が、ちょっとさみしい夜でした。

2010年4月26日 (月)

松戸 天丼てんやの野菜丼

今日もいちにち忙しかった…そのくせ、いちばん気がかりな肝心のしごとには全く手がつけられずじまいなのだった。
あーあ、どうするかなー。

ちょこっと残業して、途中で夕食を食べていきます。
疲れたので途中下車する気はせず、とりあえず松戸まで行って向かったのは天丼てんや
温かいゴハンが食べたくて、ここで手っとり早く野菜丼500円をいただきます。
Photo
野菜天は、薩摩芋・茄子・舞茸・蓮根・南瓜・いんげん。
Up
お味噌汁はお麩と刻み葱。
Photo_2
とりあえず天ぷらは揚げたてで、野菜だけでもお腹だけはいっぱいにはなりました。
お店はキレイだし、スタッフはチェーン店のマニュアルどおりでそつがない。
とりたてて美味しいわけではないが、ガツンとしたものを食べたいときにはまた来てもいいかな。
今度は口直しに、キャベツサラダ(50円)をつけよう。

2010年4月25日 (日)

松戸 ラ・クレアのパスタプレート

今日はいいお天気、行楽日和となりました。
だけどワタシは自宅でお持ち帰り仕事をやらなきゃなんない…。
忙しいんだけど買い物があったのでちょっくら松戸に出ました。
お昼は、ボックスヒルのラ・クレアでパスタプレートBランチ1,050円。
Photo_4
メインは、玉ネギとほうれん草のトマトソースパスタ
玉ネギの甘さがきいてて、ほうれん草が味のアクセント。
おいしいパスタです~。
Up_3
水菜、レタス、コーンのしゃきしゃきサラダ。
ごまドレッシング和え。
Photo_5
食後はホットコーヒーを。
Photo_6
一口デザートは、ココア味のババロアケーキ。
くるみとカラメルソースをかけた生クリーム添えです。
(ワンプレートで最初からパスタと一緒に出されるので、パスタを食べ終えるころにはちょっと溶けかかってました)
Photo_7
ハーフパスタとオムライスが付くCランチ(1,260円)も良かったかなあ…。
でも、実はきのう休日出勤で会社の人と食べたランチがオムライスだったので、今日はパスタにした次第。

用事を済ませたら早く家に帰らなくちゃ。
午後からは、たまったTVの録画を観ながらお仕事です。
ヤレヤレ。

2010年4月23日 (金)

松戸 新宿らーめん亭の野菜たっぷりタンメン

残業帰り、閉店まぎわの松戸ボックスヒルへ駆け込んでお買い物。
今日から「ポイントセール」をやってるのですが、従来のポイント5倍ではなく、今回は「2倍ポイントセール」です。
受付嬢に聞くと、今後は2倍または3倍セールで、5倍ポイントセールはやらないのだという。
せ、せちがらい…!
不景気の影響によるサービス低下がこんなところにも現れるとは…。

注文した本を買ってから7階のレストラン街へ。
てっとり早く新宿らーめん亭で夕食を済ませます。
注文は野菜たっぷりタンメン760円。
Photo_3
ほうれん草、キャベツ、白菜、もやし、ニンジン、ニラ、マッシュルームなど、大量の野菜と豚肉少々を炒めたのが大量にのっていて、麺が見えない。
ワタシは野菜大好きなのでとっても嬉しいです。
旨みのきいた、ほど良い塩味のスープが透き通ったツルツルの細麺によく馴染んでまいう~。
Up_2
ワタシが21時に入店したとき、店員さんが各テーブルの調味料をかき集めて中央の大テーブルにまとめて置いていた。
この店は、夜遅くに来るといつもそう。
ワタシはタンメンに胡椒を使いたかったので調味料入れを持ってきて貰った。
(その後、調味料は隣の人用に持って行かれてしまい、ワタシは追加で使用できなかった)
店の人も早く帰りたいのだろうけど、レストラン街は22時まで営業なのだからこれはどうかと思う。
調味料入れを下げるくらい何ほどの時間がかかるわけでもないし、そんなことは閉店してからやるべきだ。
スタッフの人は挨拶はハッキリしていて、こちらから頼んだことについては親切ではありました。

もうくたびれたよ~。
でも、これで明日は休日出勤なのだ。
ハーヤレヤレ。

2010年4月21日 (水)

松戸 コージーコーナーのケーキ

帰宅してから、ゴハンのあとにおやつケーキ。
コージーコーナークランチショコラ357円です。
Photo_2
チョコレートクリーム、チョコレートスポンジのコンボ。
チョコレートクランチの薄いパリパリとした食感が心地よいです。
夜、遅くに食べるのはいちばん太るんですけどね…。

代々木 増田屋のカレーライス

4月も半ばを過ぎたというのに天候不順で、冷たい雨の水曜日。
何となく気分も体調もパッとしないけど、お昼は景気づけに会社を抜け出して増田屋カレーライスを食べました。
Photo
典型的なおそば屋さんのまったりした味。
タマにこれがむしょうに食べたくなるんです。
Up
今日はなぜか女性だと100円引きということで、650円になりました。
らっき♡

2010年4月20日 (火)

スターバックスコーヒーのザッハトルテ

今日はちょっと早目に退社して、松戸のスターバックスコーヒーでお茶していきます。
ほんとうは早く帰れる状況じゃないんだけど…心がちょっと渇いてるので、自分を励ましたい気分なんです。
ザッハトルテ390円に生クリーム50円を追加して、ドリンクはドリップコーヒー290円。
1
お花のように美しく搾り出された生クリームが素敵です。
スタバでもこんなケーキが食べられるんだ…ちょっと見直した。
2_2
ザッハトルテは濃厚なチョコレートケーキ。
3
生クリームはちょっと頼りない感じかなあ?
でもどこかの高級店みたいに気取りがないぶん、ずっと美味しく感じる。
今度、スタバのマグカップが欲しいなあと思いました。

ゴハンの前だけど、お腹いっぱいになっちゃった。
順番が前後しましたが、これからウチに帰って心づくしの夕食を頂きます。
帰宅して、温かいゴハンがあるのってそれだけですごく幸せなんだな。
また明日も頑張ろう。

2010年4月19日 (月)

コージーコーナーのケーキ

今日のおやつは、松戸ボックスヒルのコージーコーナーで買ったシフォンさくら315円。
Photo_2
桜の香りがぷんと漂う、ピンク色のシフォンケーキなのです。

2010年4月18日 (日)

サークルKサンクスのメープル風味の壺ぷりん

最近、気になっていたモノ。
掌にすっぽり包まれてしまう可愛いサイズ、優しい色合いの丸いフォルム。
Photo
サークルKサンクスメープル風味の壺ぷりん190円。

こちらが食べる前。
なめらかな舌触りが心地よい、とろけるような味わいのうすい褐色を呈したぷりんです。
2
空いた壺に何を入れようか、思案中。

2010年4月17日 (土)

原宿の花々

会社から近くて、まあ仕事で役所方面にはタマに行くことはあるんですが、原宿の、おされな界隈に足を伸ばす機会はとんとありません。
久しぶりに来てみると銀座などとはまた違った、イマ風の街だなあと思います。

昨夜からの寒さから開放されて、路傍の花もほっと安心しているかのようです。
原宿ヒルズ前のツツジ。
Photo
同じく、原宿ヒルズ前のチューリップ。
Photo_2
2_2
JR原宿駅前には桜の花を僅かに咲かせている木が1本だけありました。
Photo_3
桜の花も、もう終わりですね。
今年は春が遅くて、各地で花が咲くのも遅いというのでちょっと心配です。
GWはカレンダーどおりに休めないであろう状況なんだけど…どこかにお花見に行きたいなあ。
行けるかな?

原宿 新潟ネスパス 食楽園の越後豆腐ステーキ膳

お天気も良くなって来たところで、今日は原宿に出かけました。
毎日通勤している会社からほんの一駅先なのでなんか妙な気分。
来週はちょっと予断を許さない状況なのですが、とりあえず今週は休日出勤なしです。

お目当ては原宿ヒルズの先にある新潟県のアンテナショップ・新潟ネスパス
今日はここの地下1階にある食楽園でお昼を食べて行きます。
階段(ワタシはなるべくEVを使わない人)で地下に下りると、とても営業中とは思えない暗い廊下にやや、驚きますが、その先の暖簾の中からスタッフの人が顔を出して「どうぞ」と招き入れてくれました。
夜は新潟の地酒で一杯やれるだけあって、ちょっと隠れ家のような店ですが、お昼は気軽な定食がいただけます。
注文したのはランチメニューの越後豆腐ステーキ膳(味噌汁・小鉢2品・漬物付)1,000円。
1
“新潟産大豆使用のこだわり豆腐をさっと揚げ、醤油あんをかけました。”とゆーところの豆腐ステーキ。
いわゆる揚げ出し豆腐です。
上に乗っているのは、素揚げした舞茸と三つ葉がほんのちょびっと。
豆腐はすっきり、くせのないお味。
豆腐にまつわりついてる揚げたコロモが透明でモチモチしていて、なんか面白い食感でした。
2
小鉢その1 ピリ辛のきんぴらごぼう(人参とごま入り)。
3
小鉢その2 椎茸と野沢菜のお浸し。
4
お味噌汁は、なめこ汁。
5
米どころ新潟ですから、やっぱりごはんが美味しい。
量もたっぷりなので嬉しいです。
6
漬物は大根と野沢菜。
7
メインの豆腐ステーキは確かに目立つ存在でしたが、小鉢2品は申し訳程度にほんのぽっちりです。
まあ、ごはん1膳食べ切るには十分でしたけど。
さすがに新潟のお米は美味しいと思いました。

今度、早く退社できる機会があったらディナーメニューに挑戦したいな。
ランチだったら、小千谷そばを食べたいです。

「新潟ネスパス」1階は新潟の物産が揃っています。
一番人気は、5月までの限定販売というチョコ味の柿の種(暑い時期は溶けちゃうんだそうです)。
1番人気はカフェオレ味だとか!?

四月の雪

土曜日の朝7時前、新聞を取りに外に出てビックリ、
雪が降ってるやん!
この日、関東では1969年以来41年ぶりという、観測史上最も遅い雪が降りました。
Img_8140
久しぶりに積もった雪を指先でしゃくって食べる。
しゃっこーい。
冷たいシャーベットのような雪が喉を通って痛いほど。
でも、美味しいんだこれが。
Img_8137
庭の水槽のフナも寒そうに並んで縮こまってました。
Img_8141
盆栽の上の小さな世界。

それでも9時ころになると天気も回復して、この雪もすぐ溶けてしまいました。
ほんのひとときの、儚い名残り雪でした。

2010年4月11日 (日)

甲府のおやつ ぶどうの葉かすてら

もうひとつ、甲府で買ってきたおやつの噺。
早川ベーカリーぶどうの葉かすてら
2
5月のぶどうの新芽と若葉を混ぜ込んで焼き上げたみどり色のカステラ。
爽やかな風味が感じられる、いかにも山梨らしいスイーツです。
Photo_2
早川ベーカリーは、甲府に初めてケーキを紹介したケーキ屋さんだそうです。
ぶどうの葉カステラは、「甲州市勝沼ぶどうの丘」でも販売されているということですが、ぶどうの丘まで行くのは難儀なので、本店に買いに来ました。
澤田屋中央店のすぐ近くの商店街です。
Photo
ここのショーケースにも、焼き菓子のほか、美味しそうな色とりどりのケーキが並んでいました。
やっぱり、ケーキも食べたかったなあ。

2010年4月10日 (土)

銀座 おかめの桜あんみつ

最近ずっと、カンテンが食べたいと思っていました。
銀座へ来て寒天といえば、ワタシにとって思い浮かぶのは交通会館B1のおかめ
別にお腹は空いていないんですけどね…
定番の蔵王あんみつでも、と思っていたのですが、季節限定の桜あんみつ830円というメニューを見つけて飛びつきました。
蔵王あんみつは780円、お値段はちょいとお高めです。
1_2
お盆が出されると、桜餅の香りがぷうんと漂います。
どこが桜かというと、ソフトクリームの上にちりばめられた桜の花の塩漬け3片、それにピンクの白玉、塩漬けの桜の葉っぱ(桜餅を包む、アレ)ですね。
あとはゆであずき、ピンクと緑の二色の求肥、そして待望の寒天。
黒蜜はぜんぶ使わず、控えめにかけました。
Photo
ワタシはすでに松本楼でケーキを食べた後なので、ふうふう言ってあずきを食べる。
蔵王あんみつとは違って小粒の小豆ですが歯が浮くように甘いんだわ…。
それでも、さっぱりとしたソフトクリームと桜花の塩漬け、そしてぷくぷくの寒天がいい風味でした。

今の時期、「おかめ」ではやはり季節限定の桜おはぎも出しています。
桜の花の季節は、あちこちの食べ物やさんで桜にちなんだメニューがあって楽しいですね。

春色 日比谷公園

腹ごしらえもできたところで、日比谷公園を散策。
残念ながら、園内の桜はもうおむね散りがたになっていました。
先週あたりに来ていれば見ごろだったのでしょう。

葉桜が影を落とす雲形池
3
池のほとりでは、10匹ほどの亀さんが石の上に上がって、甲羅干しをしている光景も見られました(けっこう大きい図体で、ちょっと不気味)。
お昼ころになると気温がだいぶ上がって、初夏のような陽気になりました。
雲ひとつない青空にしだれ桜がよく映えます。
2
雪柳の奥に古い石橋のある眺め
7
桜はおおかた終わりでしたが、その代わりに今は花壇のチューリップがちょうど満開で、色とりどりの見事な花が目を楽しませてくれました。
6
ワタシはうすい色の小さな花が好きです。
1
紫の花は本数が少なく、珍しい
8
9
5
それでも公園内の隅まで行ったところに、遅ればせながら満開の花を咲かせている桜の木を見つけました。
テニスコートの傍にて。
4

日比谷 松本楼のオムライスとシュークリーム

ちょっと休日出勤になりそうな気配を振り切った週末。
名残りの桜を見たいと思って、日比谷公園へやって来ました。
まずは松本楼で腹ごしらえ。
早い時間だったのでグリルはまだガラガラで、店内かテラス席か聞かれます。外に出たら気持ちがいいとは思うけど、すこし風があったので店内席にしました。
〈春のおすすめメニュー〉より、ズワイガニのオムレツライス 春野菜のクリームソース1,260円。

先にサラダが出てきました。
何ということはないですが、レタス、水菜、人参、海草のドレッシング和え。
Photo_2
10分ほど待ってズワイガニのオムレツライス登場。
1
優しいオレンジ色のクリームソースのトッピングは、ズワイガニの脚に竹の子、アスパラガス、ブロッコリー、絹さや、人参。
このクリームソースの中にもカニが入っています。
2
とろっとした玉子に包まれているのは、チキンライスではなくピラフ風の白いご飯でした。
3
食後に、コーヒーとデザートをいただきます。
ボーイさんにケーキは何がありますかと聞いたら、いつもはトレイにサンプルをのせて見せてくれるのに口頭で説明されるだけだったのがちょっと残念。
でもまあ、今日は松本楼の定番らしい苺のシュークリームにしました。
ケーキセットは無いので、コーヒー・ケーキとも単品で各420円也。
Photo
シューを横に割って、苺の粒々を練り込んだ香りの良いクリームとカスタードクリーム、それに生の苺を薄くスライスしたものをサンド。
このシューの皮がとても芳ばしくぱりっとした焼き上がりで、ワタシが持ってるシュークリームの概念を打ち消すものでありました。
ただ、食べにくいです。
(自宅だったらいくらでもキレイに食べられるのだけど、ココでは人目もあるし…)
2_2
お昼近くになるとテラス席から順に席が埋まっていき、室内も満席になりました。
ワタシがお会計をするころには、入口には早くも入店待ちの列ができていました。
さすが有名店だけど、ワタシ個人的にはここの接客は好きじゃない(感じのよい人がいないわけじゃないです)。
でも美味しいからまた行くけど…。

本日はお日柄もよろしいようで、午後からはガーデン挙式のためテラス席の営業は14時まで、とお断り書きがしてありました。
お天気になって、よかったね。

Congraturation
Photo_3

2010年4月 5日 (月)

代々木 増田屋のたぬきそば

花散らしの冷たい雨降りとなった月曜日。
久しぶりに、増田屋のたぬきそばを食べに行く。
Photo_2
たぬきそば580円。
別添えの刻み葱を全部のせて、七味もふって。
いただきまぁす。
熱々のおそば、身体がぬくまります~。
2
添えられるちりれんげが、なんか中華料理屋のそれっぽいと思いました。

2010年4月 4日 (日)

甲府のおやつ くろ玉

甲府で買ってきたおやつ。
澤田屋 くろ玉ごるふまん
Photo
くろ玉は、黒砂糖の羊羹のなかにえんどう豆のうぐいす餡がつまったお菓子。
黒いビー玉のようにつやつや光るお菓子を割ると、うすグリーンの餡がのぞきます。

ごるふまんはホワイトチョコレートのなかに栗の粒々を練りこんだ白あんが入ってます。
こちらは季節ものだそうで、紅白2色あるのでどちらも少しずつ買いました。
くろ玉、ごるまんとも1個94円。

澤田屋中央店(岡島百貨店の少し先)の美しいディスプレィ。

Photo
Photo_2
この澤田屋さんでは和菓子のほか、美味しそうなケーキもショーケースに並んでいました。
ケーキも食べたかったです。

2010年4月 3日 (土)

日比谷 紅鹿舎のチョコパフェ

有楽町に来たからには、紅鹿舎でお口直しをしたい。
注文するのは、もちろんチョコパフェ800円。
最近すっかりここのパフェがお気に入りです。
2
たっぷりの生クリームが美味しいのです。
Photo
土曜日の午後の店内はけっこうお客さんが多かった。
ここってメニューは美味しいのですが、隣のテーブルとの間隔が狭いのでちょっと落ち着かないのが難点ではあります。

銀座 ニューキャッスルの辛来飯(カライライス)

いろいろありまして、お昼が食べたような食べなかったような…だったので、甲府からの帰り道、小腹が空きました。
あまりどーんとしたものは気が進まないが、何か軽くお腹に入るものは…と思いをめぐらした結果、有楽町まで出て(どうせ青春18きっぷを持っているし)、久しぶりにニューキャッスルに寄っていきました。
ちょっと早めの夕食は、ここの辛来飯(カライライス)。
玉子付きの大森(大盛)630円を食べて行きます。
Photo_4
大盛といっても、普通の店のカレーに比べると量は少なめ。
でも今日のワタシにはこれくらいがちょうど良い。
2_2
タマゴをスプーンで崩して、カレーにからませるようにして食べる。
いろんな香辛料を使っているらしい独特の風味のカレーは舌にぴりりと辛い。
タマゴの甘味で辛さを中和させながら食べるけど、舌が焼けるように辛いです。
でもワタシは辛いのが大好きなのでハフハフ言いながら夢中で食べちゃいます。

勝沼ぶどう郷駅の桜

勝沼ぶどう郷駅では、ホームに沿って植えられた桜並木が満開の見事な花を咲かせていました。
車内の乗客からも、思わず感嘆の声が上がります。
Photo_5
ピンクの桜吹雪の向こうに、ぶどう畑の点在する丘陵が広がっている景観は、まさに絶景でありました。
2_3

甲府 ヤマナシ良品クロスオーバーカフェのおまかせスイーツセット

どこかで口直しをしたいと思い、喫茶店を探していたら山交百貨店の入口のところでヤマナシ良品クロスオーバーカフェという店のメニューボードを見つけて、地下1階に下りました。
Photo_2
山梨県産のジャムや限定スイーツ、パン、工芸品などをそろえたセレクトショップだそうで、今年の2月にオープンしたばかりということです。
県産材を利用して製作したブースは木の温もりが感じられます。
吉田うどんやピザ、おやきなどの軽食メニューもありますが、食事は済ませてきたところなので おまかせスイーツセット550円(安い!)をお願いしました。
Photo
チェリーを巻き込んだ桜のロールケーキ、パイ、カステラに生クリームを添えたフルーツの盛り合わせ。
どれも丁寧に作られたもので、盛り付けもきれい。
2
こんなカフェがあるなんて全然知らなかったけど、お値段も良心的だしとっても素敵なスペース。
いいお店を見つけました~。

◇おまけ 気になる桃カレー。
新発売だそうで…。
今度はここでお食事したいな!
Photo_3

甲府 小作のほうとう

お昼は甲州の名物をということで、有名店の小作甲府駅前店でほうとうをいただきます。
お店は甲府の駅前にあって、テーブルやお座敷などかなりの座席があるようです。
11時の開店早々に着いたのですが、店内にはもう数組の先客の姿がありました。
席に着くとおしぼりとほうじ茶がたっぷり入った急須が運ばれます。
ほかに冷たい麦茶も用意されていて自由に飲めるようになっています。
いちばんシンプルなかぼちゃほうとう1,100円を、と思いましたが、山菜ごはんとのセットメニューがあるのに気がついて春の山菜ごはんセット1,500円にしました。
5分ほどして熱々に煮えたほうとうが鉄鍋で登場。
店員さんから「鍋が熱いので動かすときはおしぼりを使って下さい」と口上が付きます。
2_2
かぼちゃのほか大量の刻み葱、ごぼう、絹さや、わらび、白菜、小芋、人参、じゃがいも、椎茸がはいった味噌仕立てのほうとう。
卓上に用意されたゆず七味(小作オリジナル)をふりかけて。
ワタシは一目見て「量が、多い」…山菜ごはんもあるのに、食べきれるかしらんとちょっと心配になります。
しかし、食べるっきゃない。
Photo_6
セットの山菜ごはんとつぼ漬。
Photo_7
ワタシはお椀を使いましたが、鉄鍋からじかに食べている人もおりました。
3
クタクタに煮えたほうとう。
ま、ひもかわうどんですわな。
野菜はほくほくに煮えて味がしみていて旨いです(注文してから短時間で出てくるので、根菜類はあらかじめ下茹でしてあるのだろうけど)。
最初こそ順調だったものの…しだいにペースが落ちてきます。
お鍋いっぱいのほうとうは、さすがにボリュームがある。
ワタシは何度もお椀を代えて食べるも、なかなか量が減りません。
有り難かったのがポットに用意された冷たい麦茶で、ワタシは何べんとなく冷茶をぐっとあおって喉を冷やしながら食べ続けます。
4
…必死に頑張りましたが、やっぱり無理がありました。
ワタシはセットに弱いので、ついごはんを取ってしまったのだけど、欲張らず、ほうとうだけにしておけばよかった。
それに、ワタシはそもそもうどんはあまり得意ではないのだ。
あ~あ、せっかく甲府まで食べに来たほうとうなのになあ…無念。

ただ、お店のメニューを見たらすいとんやおじやもあるのに気がつきました。
ワタシ、うどんよりはだんぜん雑炊派なので今度はおじやを食べたいなあ。
ただし単品でね。
ワタシがほうとうと格闘していたころ、店内にはかなりのお客が入っていて、後から入店したお客さんはほうとうが出るまでだいぶ時間がかかっていたみたい。
レジにお会計をしに行くと、店頭では名前を書いて順番待ちという盛況でした。
さすが人気店。
店員さんはみんな若い人で、マニュアルどおりなのだろうけど接客はきびきびしていて気持ちがいい。
有名店ながら、肩が凝らない気さくなお店でした。

甲府の桜

青春18きっぷの最後の1回分を使って、今日は甲府へやって来ました。
道中は何だかパッとしない曇り空でしたが、車窓からはあちこちに満開の桜や桃の花を眺めることができました。
そして、甲府に着く頃には晴れてきて青空が出てきたのです。
甲府で下車するのは、えーと…30年ぶりくらいです。

山梨といえば武田信玄。
来週は甲府駅周辺で「信玄公祭り」が行われ、武者行列のパレードもあるそうです(ワタシは人ごみが嫌いなのでそういう時期はあえてパス)。
甲府駅南口前の武田信玄公銅像がある広場も満開の桜に包まれていました。
Photo_5
Photo_3
武者行列は見なくても、この桜を見られただけで甲府に来てよかった。
Photo_4

2010年4月 1日 (木)

くりこ庵のたいやき

お花見シーズンだそうですね。
あちこちから桜の開花だよりが聞こえてきます。
ワタシはこのところ決算関連業務に突入してちょっと“ぎうぎう”(くるねこ風に)言ってます。
でも…気持ちはどこか他所を向いていて仕事に本腰入れられません…。
ああ、情けないですねえ…。

今日は早目に退社して、松戸のボックスヒルでお買い物。
くりこ庵が出店していたので、たいやきを買って帰ります。
桜の時期なので、珍しいさくらあんというのがありましたよん。
ウチに帰ってデザートにいただきます。
添付の説明書に従って電子レンジで30秒、そののちトースターで3分温めたら外側の皮はパリッ、中身はフカフカで熱々のたいやきの出来上がりです。
Photo_2
ピンク色の桜餡。
桜葉が入っているのが見えます。
2
ボックスヒルのポイントカードを紛失してしまい、再発行したら200円の手数料を取られたですよ。
以前は無料で再発行できたのに…(そう、実はこれが2度目なのだった。タハハ…でもあのときは失くしたと思ったのをあとから発見したのだけど
アッチもコッチもだんだんせちがらくなります。

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »