« 高崎 ルームスの苺とバナナのホットケーキ | トップページ | 高崎 ルームスのチョコブラウニーパフェ »

2010年3月20日 (土)

沼田 たきもとのだんご汁

本日は、「青春18きっぷ」を使って近郊に日帰りで出かけます。
去年、沼田で食べただんご汁の味が忘れられないので、また食べに行こうと思いたちました。
上野7:23発の高崎線で出発して、高崎駅で上越線に乗り換え、10:04に沼田に到着しました。
その気になれば、特急を使わなくてもけっこう早く着けるんだなあ。

沼田の駅前に降り立つと…「さ、寒い!!」
天気予報では今日は晴れて群馬県でも最高気温21℃になるといっていたので薄着をして来たんだけど失敗だったか…。
しかし、駅前から歩き出して市街へ至る急坂に出るとそんな寒気はすぐどこかへ吹っ飛んでしまい、ワタシは汗をかきかきながらふうふう言って登ったのでした。

まだ時間が早いので、とりあえず沼田公園を散歩。
小動物舎ではおサルさんが昼寝をしていて、インコがやかましく鳴き騒いでいるのを見て見晴らしのいい天狗堂の方へ。

ここで〈大〉事件発生。
平八石のところで谷川岳の遠景を激写しようと思ったら、デジカメをぽろりと落としてしまい…
“レンズエラーを検知しました”という表示が液晶に現れ、レンズが閉じなくなっちゃった。
ど、どーしよう!?
ワタシの大事なデジカメ(キャノン製)が…!!!
まっ青になりましたが、仕方がないので今日は早めに上野に戻って修理センターに持っていこう。(涙)

そういうわけで、道中の写真は携帯で撮影したものです。

お昼は、11:30の開店を待ってだんご汁ではよく知られたたきもとへ。
商店街のなかの空き地のような場所に建っている、プレハブの店です。
実は、去年もこの店を目にはしていたのだけど、沼田駅できょう貰った市内マップによれば去年と場所が違う(ほかのお客さんも女将さんに尋ねていたところによれば、やっぱり移転して前の場所は更地になってしまったそうです)。
一組目のグループのあとになったので、「30分くらい時間がかかりますけど大丈夫ですか?」と確認される。
しかしここまで来たものだからOKするっきゃない。
11:30になるとご主人がやって来て、厨房に入って料理を始めました。
ワタシは11:30前に店に入って、お膳が出されたのは正午を回ったころでした。

だんご汁定食950円
21
だんご汁、小ライス、サラダ、漬物付き。
25
土鍋で出されるだんご汁。
大鍋でほかのお客さんの注文分といっしょに作ったのを取り分けてよそっているみたい。
熱々の湯気がたってもいないので、一見したところ「冷めてるんじゃないの?」と思ってしまいました。
食べてみると、もちろんちゃんとほかほかで温かいのではあるけど…。

スープは、なんかねっとりとしてトロみがあるような汁である。
ココは鴨肉を使っているそうなので、そのせいなのかな?
ワタシはダシについてはこのさい目をつぶって、お肉は除けて食べる。
小麦粉をねった“だんご”5~6コに、椎茸。しめじ、長ネギ、人参、竹の子など具沢山。
26
サラダはキュウリ・レタス・トマト。
これはさっぱりして美味しかったです。
Photo
お漬物は間引きキュウリ・大根・人参に桜漬。

う~ん…わざわざ食べに来ただんご汁でしたが、去年の「姫本」のほうがさっぱりしていてワタシ好みかな。
ちなみに、お店の女将さんと、ご主人は感じが良い方たちでした。

|
|

« 高崎 ルームスの苺とバナナのホットケーキ | トップページ | 高崎 ルームスのチョコブラウニーパフェ »

群馬県」カテゴリの記事