« 気になるシュークリーム | トップページ | 秋葉原 さんるーむの鍋焼きうどん »

2010年1月 7日 (木)

紀の善の粟ぜんざい

今日は事情があって定時退社、珍しく早目に上がれました。
なので、ちょこっと飯田橋で途中下車して紀の善へ寄り道していきます。
秋になると気になるあのメニューを食しに。
まずは、美味しいお茶とお煎餅のおもてなしを受けます。
1_4
黄金色の薄焼きせんべい。
ところで、この形って鳥のかたちなんでしょうかね(お店の人に聞いたことはありませんが)。
2_4
季節限定で味わえる、粟ぜんざい840円です。
3
熱々に蒸した黄色い粟つぶの上に、これまたほかほかと湯気をたてるこしあんがかかっています。
このこしあんがほっくりと上品な甘さ。
昔ほど甘い物を受け付けなくなったワタシでも、これは最後の一口までうっとりとしながら食べられます。
4
ものの5分もかからず平らげてしまうのに値段的には少しお高い気もするが、まぁシーズンに一回か二回のことだし…。

久しぶりに来て気になったのは、〈栗しるこ〉がメニューから消えていたこと。
栗しるこは、むかし一回食べたことがあって、蓋を開けたらあの栗を裏漉ししてとろりとさせた黄色いのにお餅が浮いていたのでびっくりした記憶があります。
やっぱり普通のおしるこの方がいいと思ったものだけど、食べられないとなると少しさみしい…かな?
5
《おまけ》 めで鯛 です。

|
|

« 気になるシュークリーム | トップページ | 秋葉原 さんるーむの鍋焼きうどん »

新宿区」カテゴリの記事