« 紀の善の粟ぜんざい | トップページ | 川越 いせやの焼きだんご »

秋葉原 さんるーむの鍋焼きうどん

やっとお正月開けの一週間が終わりました。
ずっと晴れ続きとはいえ、気温が下がってまいにち寒い寒い!
こんなときは、何か美味しいものをお腹に入れたいなということで、秋葉原に寄り道。
またもや、ヨドバシAkiba 8階レストラン街の さんるーむ に行きました。
和風根菜カレーとどっちにしようか迷ったけど、寒い日だし、このあいだ劇的に旨かった鍋焼きうどんの味が忘れられないので、それを頼みました。
まずは、五穀茶(アイス)189円を先に出して貰う。
すっきりした飲み口で、身体の中が洗われそうなお茶です。
寒い寒いと言いつつ、なぜ冷たい飲み物かというと、ワタシは冬でも氷をガリガリ齧るのが好きな人。
ただ、大きい氷だとすぐには堅くて食べにくいので、早いとこ持ってきて貰って溶かしておこうという魂胆なのです。
Photo
湯葉と聖護院蕪蒸しの鍋焼きうどん976円。
単品だと小鍋で登場です。
1
とろりとすりおろした聖護院蕪(おろし生姜がのっている)、玉子、三角お揚げ、しじ、えのき茸、トリ肉、海老、水菜、人参が入った熱々の鍋焼きうどん。
別皿に刻み葱が添えてある。
2
具沢山の鍋焼きうどん。
3
玉子をつぶしてとろりとさせる。
4
小皿にとって、熱いのをふうふう言いながらいただきま~す。
ひたひたのおだしがまた、お味がよく染みていて美味しい。
単品とはいえ、大食いのワタシにはこれだけではチョット何か物足りない…
これにもう一品くらい付いてもいいかも?
1_2
食後は、デザート無料券で黒胡麻の手作りプリンを。
2_2
プリンを上から眺めます。
3_2
確かにすりつぶした黒ゴマのいい香りがするプリンです。

« 紀の善の粟ぜんざい | トップページ | 川越 いせやの焼きだんご »