« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

かにパン

ワタシが大好きな、かにパン
昔から変わらない懐かしい味とスタイル。
三立製菓という会社の製品なのですね。
近所のスーパーにこれが売ってると、嬉しくてつい手が出ちゃいます。
(大きいのはあまり見なくて、ミニサイズですけど)
Img_7218
そのままでもイケますが、ワタシはトースターでちょっと温めて食べるのが好き。
口当たりがふんわりとなっていっそう美味しさが引き立ちます。cancercancer
Img_7219
それにしても、あ~あ…、かにパンもいいけど、カニ料理を食べに行きたいなあ…(遠い目)

|
|

銀座コージーコーナーのケーキ

本日のおやつ。
銀座コージーコーナーショートケーキ336円。
こういうおやつがあると、家にいて仕事三昧の週末でも気分は楽しくなります。
Photo_3

|
|

花まるっ秋田ふるさと館の秋田菓子

花まるっ秋田ふるさと館で買った秋田県のお菓子です。
米どころらしくお煎餅、それにいちじくケーキ、バナナ饅頭、りんごパイに珍しいほうずきパイ。
Photo_2

|
|

紅鹿舎のナポリタンセットとチョコパフェ

家人が「いぶりがっこが食べてみたい」というので、今日は会社の帰り、有楽町の交通会館にある花まるっ秋田ふるさと館に買い物に来ました。
お目当てのいぶりがっこのほか、きりたんぽ、だまこ餅などを購入した帰り、紅鹿舎で食事して行きます。
今夜は、店内にシックな黒い服を召したママさんがいらっしゃいました。
Photo
ナポリタンセット(ドリンク・サラダ付き)1,300円を注文して、アイスコーヒーが先に出されました。
アイスコーヒーにはガムとシロップを入れますかと聞かれます。
ワタシは両方とも入れて貰いました。
Photo_2
ナポリタンとミニサラダ。
サラダはトマト・キュウリ・コーン・千切りキャベツのサウザンアイランドドレッシング和え。
ナポリタンは大きなお皿の真ん中にちんまりと盛られています。
Up
小山のようなナポリタン。
パスタは細麺で、具はハム・マッシュルーム・玉葱・ピーマン。
Up2
トマトソースをたっぷり使って炒められたナポリタン。
タバスコと粉チーズをたっぷりかけていただきまーす。
一見、「量が少ない」と思いましたが、こってりとした味つけのせいもあって食べてみるとけっこうボリュームがあります。
2_2
それでも、食後にやっぱりチョコパフェ800円を追加注文。
Photo_3
生クリームたっぷりのチョコパフェが、たまらなく美味しいです!
お腹はタプタプになりましたけど…。

|
|

銀座コージーコーナーのケーキ

本日のおやつ。
銀座コージーコーナーのケーキです。
ボックスヒルで買ってきました。
Photo
ショコラフランボワーズ399円。
コージーコーナーのケーキはたっぷりと大きいのが嬉しいです。

|
|

フレッシュネスバーガーのベジタブルバーガー(マッシュルーム)

朝、家を出る頃は底冷えがするように寒いけど、日中は少し暖かい陽気になりました。
外に出て、フレッシュネスバーガーでランチを買いました。
ベジタブルバーガー(マッシュルーム)フライドポテトR
Photo_2 
上の写真ではバーガーが下を向いてますが、中身はこんな感じ。
2_2
マッシュルーム、トマト、グリルドオニオンにグリーンカール。
こんがり焼いたマッシュルームが意外に美味しい!
甘みのあるまったりとしたソースが野菜の具とマッチしています。
先日食べたトーフバーガーは本当に淡白な味で、さすがのワタシもちょっと物足りなさを感じたのですが、これは予想外の旨さでした。
フライドポテトは、今日はちゃんと別添えのケチャップをあしらって。
ワタシはやっぱりバーガーの食べ方が下手で、口のまわりと指先がべとべとになったけど、なかなかナイステイストでありました。

|
|

松戸 コージーコーナーのジャンボシュー

ボックスヒル1階に銀座コージーコーナーがオープンしたのを知ったのはつい最近のことです。
そこはもともと神田精養軒(倒産しちゃったそうですね)が入っていたスペース。
まあウチの最寄りの駅前にも店舗はあるんだけど、ついに松戸の駅ビルにもコージーコーナーができた!とちょっとワクワク。
今日はジャンボシューを買いました。
1
ジャンボシューは1個115円。
2
クリームのなかにはバニラビーンズがぶちぶち入っています。
ワタシ、別にシュークリーム大好き!というわけでもないのですが、コレって買いやすいから、つい手を出しちゃうのよね…。
今度はケーキを買おうっと。

|
|

うさぎちゃん

駅ビルで買っちゃいました
Photo_2
お香立てですheart04
ワタシ、卯年じゃあないんですけど…
猫と同じくらい、うさぎに弱いです。

|
|

かごしま遊楽館にて

紅鹿舎から歩いてすぐ、鹿児島県のアンテナショップ・かごしま遊楽館があります。
都内、特に銀座周辺には地方の物産館が集まっていて旅行に行かなくても代表的なお土産類は揃ってしまうのが便利。
ワタシの趣味といったら旅行!で、これまでの約20年間で北は北海道から南は沖縄まで、とりあえず殆どの都道府県には足を踏み入れたのですが、たった一県、鹿児島だけは未だに何故か行く機会がありません。
ただ、これまでにもこのアンテナショップでは何回か買い物をして、まだ見ぬ鹿児島に思いを馳せております。
今日は鯵の干物、奥知覧茶、自然薯入りかるかん(アンなしのタイプ)、それにこのさつまいもの生菓子↓を買いました。
Photo
おいもデュエット315円。
Photo
このお菓子、紫色と黄金色の薩摩芋を使ったもので、裏側のシールによると“焼酎入り”だそうです。
ねっとり、ほろほろとした薩摩芋の風味が舌の上で溶けていく、大人のお菓子です。

|
|

珈琲館 紅鹿舎のチョコパフェ

ラーメンのあとに、珈琲館 紅鹿舎へ移動してお口直し。
萬福のラーメンがけっこう軽かったので、その気になればピザトーストくらい食べられると思ったけど…ま、やっぱりやめときました。
Photo_5
またもや大好きなチョコパフェ800円!
いかにもオーソドックスな喫茶店パフェです。
2_3
生クリーム、バニラアイス、チョコレートソース、ウェハースにチョコレートスティック、缶詰ミカン。
ここのは生クリームたっぷりで実に好ましいタイプ。
昭和の香りを感じさせる古めかしい店内はいい感じなのですが、隣のテーブルとの間隔が狭いので、ちょっと落ち着かないのが難点です。
分煙とはいえ店内喫煙可なのも、ちょっと…。
でも、パフェはたいへんお気に召しましたので、またきっと食べに行っちゃうんだろうなあ。

|
|

銀座 萬福の中華そば

こう寒い日にゃ、熱々のラーメンでも食べたいと思い、向かったのは東銀座の萬福というお店。
大正時代創業の支那そばの味を今に守り続けているという老舗です。
昭年4年以来という店舗は決してキレイではないが、小ざっぱりとしています。
3
定番メニューは至ってシンプル。
このほかに中華らしい一品料理も豊富で、数人集まって飲む分にはいろいろな味が楽しめて良さそうです。
席に着くと出されるお冷には氷が入っているのが嬉しいです(氷を齧るのが好きなので)。
ワタシはスタンダードに中華そば650円を注文。
Photo_3
薄い焼き豚、三角の玉子焼き、ナルト、ほうれん草、メンマ、刻み葱がのった醤油味のラーメンです。
割り箸やアルミのお匙などは、調味料といっしょに卓上に用意されている。
胡椒をたっぷりふりかけていただきます。
2_2
一口、スープを啜ると…ン…ダシは鰹節とかでとったのか、何というか和風の味。
最初はクセがあるかなと思ったけど、二口、三口と食べていくと気にならなくなる。
あっさりとした、いかにも東京らしいラーメンです。
麺は細い縮れ麺で、ワタシ好み。
あえて難を言えば、麺の量がちょっと少ないことかな?
次回は、焼飯(チャーハンではない)を食べに来ようっと。

|
|

上野 国立西洋美術館「すいれん」のオムライスとパフェ

今日は代休を取り、ちょっと買い物に出ます。
お昼は、上野で降りて国立西洋美術館へ行きました。
(ウチから交通の便がいいので、美味しい洋食が食べたいと思ったらついココへ来てしまう)
館内のカフェレストラン・すいれんでは、時間が早いせいもありますがスタッフの人たちは平日でお客も少なくて所在なさそう。
今日はオムライス840円を注文します。
Photo
オムライス(やわらかいオムライス風・ハヤシソース)の出来上がり。
2
ココのオムライスは、固めにしっかり焼き上げたタマゴ焼きにピラフが包まれています。
ピラフの中にはハムとかの姿は無くて、グリンピースが入っていました。
美味しいんだけど、初めて食べたときのような感動は…なぜか無いな。
でもそれは、今のワタシの憂鬱な気分のせいかもしれません。
ちょっと気がかりなことがありまして…。
それでも、マッシュルームや玉葱(肉も)入りのハヤシソースは渇いた舌の上でほっと旨く感じました。
あと、隣の人が食べていたドライカレーも美味しそうだったな。
ワタシも今度、食べてみたいです。
メニューにチョコパフェとあるのが目にとまりました。
ワタシはしばらくチョコパフェを食べないと禁断症状に陥るタチで、実は今日はこのあと風月堂パーラーにでも行こうかと思っていたところなのです。
Photo_2
すいれんのチョコパフェは740円。
小さめのパフェグラスに入ったバニラアイスを中心に、生クリーム少々、バナナと缶詰チェリー、チョコレートソースで飾り付け。
もっと生クリームがいっぱいだと嬉しいんだけど。
あと、グラスの底にはスポンジが敷いてありましたが、これがボソボソしていてなんか美味しくない…。
でも、風月堂パーラーで煙草の煙を我慢しながら食べるよりかはいいか。
こちらは何といっても中庭を眺めながら落ち着けるいいお店です。

|
|

たいやきくん

風邪を引いて、疲れてお腹ペコペコで帰宅。
何か甘いものが食べたいなと思って、松戸の駅ビルを物色していたら横浜くりこ庵の屋台が出ていました。
確か冬になると出店する?たい焼きやさんです。
たい焼き…そういえば久しぶりです。
一匹買って帰ろうかな。
Photo_4
ピンと尾を張った、立派なおかしらつきの たい焼き です。
ワタシはクリーム、家族には小倉。
2_2
尻尾までクリームがたっぷり入ってます。

せっかくのたい焼きでしたが、この日、自宅ではちょっとショックな出来事がありました。
たい焼きの味は…ちょっとほろ苦かったです。

|
|

サンクスのカラフル野菜コンソメスープ

今日のお昼は、サークルKサンクスカラフル野菜コンソメスープ298円を買い、会社の電子レンジでチン。
具沢山の熱いスープは身体が暖まります。
Photo_3
このあいだ体調を崩したとき、何とか起き上がれるようになって胃が受けつけたのはヨーグルトと果物だけでした。
それ以来、ずっとヨーグルトを食べてます。

|
|

NEWDAYSでチョコ買ってポールペンゲット

ただいま、NEWDAYSKitKat2個買ってボールペンプレゼントというキャンペーンを実施中。
それで、ついのせられて買っちゃいました…。
ピンク色のボールペンを貰いましたよ。
いっしょに いちご蒸しパンを買ったら、中に苺ジャムが入っててこれがとっても美味しかったです。
Img_7142
さいきん、ウチの会社も経費節減で事務用品もあまり買って貰えないので、今後も「ペットボトルを買って付箋をプレゼント」とか「パン買ってラインマーカーをプレゼント」とかのキャンペーンがあるといいな。
ちなみにワタシが買ったのは上野駅構内の店です。

|
|

光麺のラーメン

今日の外ランチは、光麺 代々木店へ。
会社のすぐ近くにあるんだけど、何と入るのはコレが初めてです。
店内は2階席なんかもあり隠れ家のような、不思議な雰囲気。
ワタシは1階席に通されましたが、お客さんが入口のドアを開け閉めするたび冷たい風が直撃して「寒い!」
でも、寒がりの人のためには元気のいい店員さんがひざ掛け毛布を貸してくれるサービスもあるのです。
ワタシはシンプルに元祖光麺680円をオーダー。
ここでは全ての麺類に、大盛・味付玉子・小ライス・杏仁豆腐・魔法のプリンの中から一品無料でサービスになるという。
数量限定のプリンも魅力的だけど、ワタシは大好きな杏仁豆腐にしました。
まずは、醤油味の縮れ麺、元祖光麺です。
Photo
メンマ、葱、(ワタシは食べないけど)チャーシュー、そしてカリカリに揚げた玉葱がのってます。
2
香ばしい風味の揚げ玉葱が味のアクセントでとてもいい。
やみつきになりそう。
Photo_2
食後の杏仁豆腐。
苺ジャムがのって可愛いです。
(でも四角いお皿に入っているので、端の方がスプーンですくいにくく、食べづらかった)
ラーメン一杯にしては少々高いと思うけど、とても美味しかったので今度は大盛り!で食べたいな。

|
|

ラ・クレアのパスタプレート

買い物がてら、ちょこっと松戸に出ました。
久しぶりに駅ビルのラ・クレアでランチを食べていきます。
おお!
Bランチでカニとキャベツのトマトソースパスタ1,050円というのがあるじゃないですか。
これこれ、コレで決まり!
111
ラ・クレアのパスタ久しぶりです。
112
冬の醍醐味カニのパスタ…いいですねえ。
トマト味のパスタが食べたかったので、まさにタイムリーなメニューでした。
115
カニ缶の身をほぐしたカニ(たぶん)がわりといっぱい入ってます。
113
サニーレタス、紫キャベツ、水菜、プチトマトなどのサラダ。
甘いごまドレッシングがかかってます。
114
デザートはコーヒー味のババロアに生クリーム添え。
116
食後のドリンクは、ミルクティーです。

|
|

川越 シマノコーヒー大正館のカフェオレ

さて、菓子屋横丁とか見て回ったのですが、どうにも胃が張って、ムカついて苦しくてたまりません。
悪いことに、今日はいつも飲んでいる胃薬を持ってくるのを忘れてしまいました。
早目に引き上げることにして、でも、その前に大正浪漫通りにあるシマノコーヒー大正館という喫茶店の前でフト足を止めました。
お腹はこんなだけど、お茶…コーヒーだけ飲んでいこうか。
その名のとおり、大正の薫りを感じさせるような店内です。
ウェイトレスさんの制服も昔懐かしい、いわゆる“メイド服”ふう(あ、今どきは秋葉原あたりでよく見られるのかな)。
カフェ・オレ650円を注文。
注文を待つあいだ、時が止まったかのような店内を見回すと、天井には太い梁が黒光りして横たわり、壁面にはたくさんのマッチ箱のコレクションが整然と額に整理されて飾られ、柱時計が静かに音を立てています。
777
ただし、雰囲気はいいけど満点はつけられない。
カフェオレが出てくるまでかなり待たされたし(ちょうどマスターの休憩時間に当たっていたらしい)、「たいへんお待たせしました」と出されたカフェオレは、ミルクがまだよく温められていなくて口当たりが半ば冷たかった。
胃はムカムカするし…う~…。
きれいなガラスのコップで出されたお冷やのほうが美味しかった。
でも、ピザトーストやヤキサンドなどのメニューは、お腹の調子さえ良ければ食べてみたいです。
あと、ケーキのメニューもありますがワタシの駄目な“チーズケーキ”ばかりなのでこれはちょっとー…。
それに全席喫煙可というのも難ですけどね。
778
大正浪漫夢通りにて、左がシマノコーヒー大正館、その右が朝、おだんごを買ったいせやです。

さて、それからワタシがどうなったかというと…

駅前のドラッグストアで「これがいちばんよく効く」と言われて胃薬のドリンク剤を飲んところ、これが身体に合わなかったのか、その後、七転八倒する破目に…。
まさに水も飲めないという状態になり、連休の予定なんか全部吹っ飛んでしまったのでした。
それ以来、ずっと吐き気と頭痛が続き、数日してようやく回復してきたようなしだいです。
まったく、とんだえらい目に遭いました。

しばらくは川越のことを思い出すだけで悪寒がして、ガンガン痛むアタマを押さえて寝込みながら川越行きを呪ったほどの心境でしたが、でも、今となれば、せっかく美味しいものを食べに行ったのに自分の体調が悪かったことが残念に思われます。
そう、元はといえばワタシったらほんとうに食べ過ぎなのである…。
川越には、ほかにも美味しそうなお店がいっぱい。
そのうち、懲りずにまたひょっこり行って来ることがあるかも?

Photo_2
おまけ 蔵造りの町並みで見かけた招き猫ちゃん。
お飾り餅を持っています。

|
|

安国屋のおからドーナツ

さて、別におさつ好きというわけでもないワタシにとって、実はコッチのほうが本命。
0001
「やまわ」のお向かいにある安国屋(やすくにや)というお豆腐屋さん。
川越では、ここの おからドーナツを買うのがお目当てでした。
0002
1袋5個入り300円。
安い!
ここはお豆腐屋なので、店頭では各種豆腐製品を売っています。
店の一角は食事処になっていて、そこではこんなメニューを見つけました。
0003
ワタシはお豆腐ならだーい好き!
さつまいもより、コッチのほうが美味しそうだったりして…。
0004
安国屋の角を入った路地の先には、川越のシンボル・時の鐘がそびえています。

|
|

川越 陶路子のさつまいもミニ懐石

お昼は、陶舗やまわに併設されたお食事処・陶路子(とろっこ)へ。
蔵づくりの町並みの中ほどにあり、昨年のNHK朝の連続ドラマ『つばさ』の舞台となった風情のある外観が目を引きます。
店内には色とりどりの陶器製品が並ぶほか、『つばさ』のポスターや皇族方がお店を訪問された際の写真などが展示されていました。
1
川越といえば、さつまいも。
このお店でも、さつまいもを使ったメニューがいろいろありますが、今日は さつまいものミニ懐石1,890円がお目当てです。
2
最初に出される食前酒のいもカクテル。
お酒の駄目な人には「ジュースもあります」と聞いてくれますが、ココはやっぱりカクテルでしょう。
お酒とはいっても、氷でキンキンに冷やされて、すっきりとした飲み口です。
3
目もあやなミニ懐石が登場。
4
うつくしい彩りのお膳です。
こちらのお店は、(見たところ)スタッフは女性のかたたちだけ。
一品一品に女性らしい細やかな心遣いが感じられます。
5
いもコロッケのそうめん揚げ。
さつまいものボールにそうめんの砕いたのをはり付けてさっと揚げてある。
ししとうの素揚げ添え。
001
いもコロッケを割ったところ。
6
いもうどん入りグラタン。
チーズとホワイトソースが合わさったいい匂い。
002
底には本当にうどんが入ってます。
7
いもがらとさつま揚げの煮物。
歯ごたえのあるいもがらは珍しく、素朴な味わいです。
82
さつまいもの白あえ。
シメジなどが入った白和えの上に、細くスライスしたさつまいもをパリパリに揚げたのがのっています。
8
おさつもちの揚げ出し。
お出しに浸ったのを、大根おろしをのせたままぱくっと一気にいく。
おさつもちは小さいので、あまり“さつまいも”という味は感じませんでしたが、ちょっとねっとりとした感触でした。
9
さつまおこわ。
もち米を炒れて炊いたご飯にふっくらとしたさつまいもを大きく切ったのがのってます。
ごはんの中にもさつまいもが潜っていました。
10
香の物。
ふっくら梅干、野沢菜、山ごぼう?
11
おさつ汁。
さつまいもを溶かしたお味噌汁。
なめこにコンニャク、大根、そしてトリ肉も一カケ入ってました。
12
さつもいものデザート。
003
004
さつまいものババロアです。
ひんやりして、なめらかで、口当たりが良いお菓子です。
一緒に出されるのはほうじ茶。
005
ワタシは使わなかったけど、食事の場合はお塩とお醤油の小瓶が出されます。

陶器店さんが経営するお食事処らしく、お料理に使われる器もどれも美しく、これも目で見て楽しめました。
で、けっして悪くはなかったんだけど…実はこのとき、食べている途中で「ン?」という或る前兆がありました。
そして、食べ終わったときにはすっかりお腹が膨れてしまい、このあとコーヒーとさつまいものお菓子を別注するつもりでいたんだけど、さしものワタシでもこれ以上はちょっと食べられないという状態に…。
まあそのときはお腹が落ち着いたらハシゴするくらいのつもりで、ワタシは珍しく食事だけでとりあえず席を立ったのでした。

|
|

川越 いせやの焼きだんご

3連休の初日は、少し遠出して川越へ行ってみました。

東武東上線の川越駅からクレアモールをずんずん歩き、大正夢浪漫通りへ。
こちらはいせやさんの焼きだんご1本60円。
ココのだんごには甘辛の“みたらし”としょうゆ味の“焼き”の二種類あり、ワタシは関東風に焼きだんごにしてみました。
Photo

|
|

秋葉原 さんるーむの鍋焼きうどん

やっとお正月開けの一週間が終わりました。
ずっと晴れ続きとはいえ、気温が下がってまいにち寒い寒い!
こんなときは、何か美味しいものをお腹に入れたいなということで、秋葉原に寄り道。
またもや、ヨドバシAkiba 8階レストラン街の さんるーむ に行きました。
和風根菜カレーとどっちにしようか迷ったけど、寒い日だし、このあいだ劇的に旨かった鍋焼きうどんの味が忘れられないので、それを頼みました。
まずは、五穀茶(アイス)189円を先に出して貰う。
すっきりした飲み口で、身体の中が洗われそうなお茶です。
寒い寒いと言いつつ、なぜ冷たい飲み物かというと、ワタシは冬でも氷をガリガリ齧るのが好きな人。
ただ、大きい氷だとすぐには堅くて食べにくいので、早いとこ持ってきて貰って溶かしておこうという魂胆なのです。
Photo
湯葉と聖護院蕪蒸しの鍋焼きうどん976円。
単品だと小鍋で登場です。
1
とろりとすりおろした聖護院蕪(おろし生姜がのっている)、玉子、三角お揚げ、しじ、えのき茸、トリ肉、海老、水菜、人参が入った熱々の鍋焼きうどん。
別皿に刻み葱が添えてある。
2
具沢山の鍋焼きうどん。
3
玉子をつぶしてとろりとさせる。
4
小皿にとって、熱いのをふうふう言いながらいただきま~す。
ひたひたのおだしがまた、お味がよく染みていて美味しい。
単品とはいえ、大食いのワタシにはこれだけではチョット何か物足りない…
これにもう一品くらい付いてもいいかも?
1_2
食後は、デザート無料券で黒胡麻の手作りプリンを。
2_2
プリンを上から眺めます。
3_2
確かにすりつぶした黒ゴマのいい香りがするプリンです。

|
|

紀の善の粟ぜんざい

今日は事情があって定時退社、珍しく早目に上がれました。
なので、ちょこっと飯田橋で途中下車して紀の善へ寄り道していきます。
秋になると気になるあのメニューを食しに。
まずは、美味しいお茶とお煎餅のおもてなしを受けます。
1_4
黄金色の薄焼きせんべい。
ところで、この形って鳥のかたちなんでしょうかね(お店の人に聞いたことはありませんが)。
2_4
季節限定で味わえる、粟ぜんざい840円です。
3
熱々に蒸した黄色い粟つぶの上に、これまたほかほかと湯気をたてるこしあんがかかっています。
このこしあんがほっくりと上品な甘さ。
昔ほど甘い物を受け付けなくなったワタシでも、これは最後の一口までうっとりとしながら食べられます。
4
ものの5分もかからず平らげてしまうのに値段的には少しお高い気もするが、まぁシーズンに一回か二回のことだし…。

久しぶりに来て気になったのは、〈栗しるこ〉がメニューから消えていたこと。
栗しるこは、むかし一回食べたことがあって、蓋を開けたらあの栗を裏漉ししてとろりとさせた黄色いのにお餅が浮いていたのでびっくりした記憶があります。
やっぱり普通のおしるこの方がいいと思ったものだけど、食べられないとなると少しさみしい…かな?
5
《おまけ》 めで鯛 です。

|
|

気になるシュークリーム

最近、JRの車内でこの広告がやたら目につきます。
2_3
だからなのか、食べたくなっちゃいました。
コレが。
1_3
このシュークリームはNEWDAYSのじゃなくて、サークルKサンクスのだけど。
ミルクリッチシュークリーム〉105円。
とろりとした黄色いカスタードクリームがいっぱいつまっていて、コンビニのとはいえなかなか美味しいです。
この次はペンギン君おすすめ?のNEWDAYSでシュークリームを探そう。
(Suicaペンギン好きなんです)

|
|

フレッシュネスバーガーのベジタブルバーガー

お昼は外に出て、代々木駅前のフレッシュネスバーガー(NTTドコモビル1階)へ。
ココにベジタブルバーガーというのがあるというのでいっぺん食べてみたかったのです。
噂のベジタブルバーガーは、マッシュルームとトーフ各420円の二種類があり、ワタシはトーフの方にしてみました。
それとフライドポテトR 200円。
日当たりのいい店内はお正月明け早々ということもあってか、わりあい空いていたのですが、タバコをプカプカ噴かす先客がいたのでお持ち帰りにして貰いました。
あとで知ったのですが、フレッシュネスバーガーって「喫煙バンザイ!」っていう主義の店らしいですね。
今どきどうかと思われる経営姿勢…。
テイクアウトして、会社でコーヒー(インスタントだけど)を淹れて自分のデスクで頂きます。
1_2
豆腐とアボカド、トマト、グリーンカールをゴマバンズでサンド。
お肉を使っていないのでワタシにも食べられるハンバーガーです。
なんか緑色のディップのようなのがかかっているのだけど、コレが“野菜と香辛料で作ったヘリッシュレリッシュソース”というヤツなのだろうか。
メインの豆腐は焼き豆腐になる一歩手前くらいまで熱を通したという感じで、それ自体はあまり味がない。
ワタシは思わず別添えのトマトケチャップ(これは多分フライドポテト用なのだったが)をかけて食べちゃったよ。
ポテトは皮付き厚切りでマックとかとはまた違って、うん、食べた!って気になります。
2_2
ワタシは基本的に肉・魚をほとんど食べない人間です(カニとか、旅館の朝食に付くような塩鮭とか一部例外はある)。
ファーストフード店に入っても、フライドポテトとアップルパイとかのサイドメニューばかりで、ハンバーガーを食べることもありません。
昔、ドムドムバーガーにあった「コロッケバーガー」なら食べたことありますが。
だから今日はたいへん珍しい食体験をしました。
しかし、こうして食べてみると、ハンバーガーって結構…顎が疲れるものなのだなぁ。
豆腐バーガー自体は淡白な味で、また食べるかどうかは微妙なところだけど、販売中止になる前に、もう一つのマッシュルームバーガーにも挑戦してみたいとは思います。

|
|

ベックスのモーニング

今日は仕事始め。
いつもの日常が戻ってきます。
今年は年末年始休みがチョット少なくて、勤め人にとってはなんか損した気分。
気合を入れるために、松戸駅でベックスコーヒーモーニングプレート①390円を食べてから出勤。
1
正月休みですっかりぼけた頭を、熱いコーヒーとフカフカのトーストでシャッキリさせます。
2
美味しい…けど、一週間も休むと仕事のほうはなかなか助走がかかりません。
正月開けにすぐ事務処理の〆切はあるわ会議はあるわだし、ボチボチとヤル気を出さんとね。

|
|

西新井大師へ参詣

今日は家内安全と車用の交通安全の御札を頂きに、西新井大師へ参詣しました。
正しくは總持寺というらしいのですが、この辺では誰もそんな名では呼ばず、専ら西新井大師で通っています。
Img_7014
お正月の境内には屋台が沢山出ています。
この屋台を見て歩くのが楽しいけど、まずはお参りをしなくては。
Img_7017
まだ朝早い(9:30からのお護摩に合わせて出かけた)のと、本堂内の交通整理が変わっていて御札授与所への移動が本堂の外から回るようになっていたので、参拝は比較的スムーズにできました。
Img_7019 Img_7018
本堂正面に掛けられたビックサイズのお飾り。
Img_7016
おまけ 手水舎のところにいた童子像。
こんなところで支えていてくれたんですねえ~。

本堂内はお護摩が焚かれるところを参拝する人たちでもうすでに一杯だったので、なかに入るのは諦めて、日当たりのいい外で中から聞こえてくる読経の声を聞きながら待ちました。
境内にたくさん出店している屋台から、鉄板で油を炒めるいい匂いが漂ってきて、つい何を買おうかなーとか考えちゃいます。

25分ほどでお護摩は終了、お坊様たちが本堂を退出されるのを見送ってから地下のお札授与所へ降りて無事にお札を受け取り、おやきと焼そばを買って帰りました。
こういうのも屋台によって値段とかボリュームがけっこう違ったりするので、品定めをしながらおトクな屋台を探すのも一つのテクといえますね。

西新井へは年にいっぺん、初詣のときしか来たことないのですが、今度はボタンの時季にでも見に行ってみようかと思います。

|
|

新春二題

謹 賀 新 年

というわけで…
Img_7006
ウチの玄関のお飾り
Img_7013
鞍馬山の寅土鈴。
寅年なので…

あけおめことよろ

|
|

初詣で~あけましておめでとうございます

毎年、紅白が終わる頃(ワタシは別に観てないのですが)、家を出て近くの神社にお参りするのが我が家の慣わしです。
境内では古い御札をお焚き上げする焚き火が赤々と燃えています。
Img_7002
年が変わりました。
あけまして、おめでとうございます。
この辺の地主神様に今年一年の家内安全を祈願します。
Img_7004_2
お参りを済ませると、町内会の人が用意してくれた甘酒をいただき、蜜柑を一つずつ貰って帰るのです。
 

|
|

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »