« サンクスの5種の温野菜スープ | トップページ | 池袋 タカセのカニピラフとパフェ »

上野 ちゃぶぜんのたまごかけご飯

気がつけば、季節はもう師走。
まさに、光陰矢のごとしです。
さて今日は、いつも上野駅で乗り換えのたびに気になっていたちゃぶぜんでたまごかけご飯の朝食を食べていくことにしました。
JR東日本グループが経営する駅構内の“手軽な駅の定食屋さん”です。
ココに入るのは初めてで、セルフサービスかと思いきや、「お好きな席へどうぞ」と言われ、適当に座るとスタッフの女のコが注文を取りに来てくれます。
Photo_3
ワタシはいちばんシンプルな たまごかけご飯セット350円を注文。
注文したお膳も持ってきてくれます。
ま、シンプルな内容…。
3
生タマゴですわな。
“平飼たまご”というから、ブロイラーではない、そのへんを歩いているニワトリさんのたまご?(でもサイズは小さめ)
ワタシ、たまごかけご飯が大好きなんですけど、ふだんウチではたまご1コ自分のために使いきる度胸が無くて、旅行に出たときくらいしか食べません。
それも、今どきちょっと気のきいた旅館やホテルなら生卵そのままじゃなくて、せめて温泉卵くらいには加工してきますからますます食べる機会がない。
しかしこのときワタシったら勿体ないことに、タマゴを割るのに失敗して白身を少し流してしまいました。
ちなみに卓上には、たまごかけご飯用のお醤油が二種類、用意されています。
2
お味噌汁は葱、油揚げ、若布と具沢山。(でも味は薄い)
4
ご飯は“やさとコシヒカリ”、香の物は“やさとキュウリの浅漬け”です。
ご飯はウチで食べるほうが美味しいし、おしんこったって薄い干からびたようなキュウリが三切れ…何とも寂しい。
まあ、テーブルにはふりかけの瓶が備え付けてあるので、とりあえずご飯一膳を食べきるだけのお菜は十分でしたけど。
この次は、100円プラスしても、納豆か塩鮭の付くワンランク上の定食にしよう、っと。
この次があれば、の話ですけど。

|
|

« サンクスの5種の温野菜スープ | トップページ | 池袋 タカセのカニピラフとパフェ »

台東区」カテゴリの記事