« 仕事納めの日の釜飯ランチ | トップページ | 駒込 アルプス洋菓子店のケーキ »

2009年12月29日 (火)

駒込 六義園長寿庵の野菜天ざる

大晦日が近付き、そろそろ年越しそばが気になる時季になりました。
美味しいおそばが食べたいなあ。
何という用事もないけど駒込まで行って、年末年始の休園中の六義園前(といっても、新年は2日から開園するそうです)を通って六義園長寿庵というお店に入りました。
ここのおそばがなかなか美味しいという噂を聞いたので、いっぺん来てみたかったのです。
あれ?11時開店のはずが、まだ暖簾が出ていない。
20分ほど時間をつぶして、やっと暖簾が出たので入店してみれば、そこにはもう何人ものお客さんが入っている。
午前中からお酒を飲んでいる御仁も。
店のおばちゃん、暖簾を出し忘れたんと違う?
0

思ったより狭い店内でしたが、常連さんが多いようで、二人いるおばちゃんと何やかやと話に花が咲いています。
席に着くとおしぼりと、美味しい緑茶がサービスされます。
メニューは驚くほど豊富ですが、ワタシはここは迷わずお目当ての野菜天ざる900円を注文。
しかし本当は、ほかのお客さんが注文している熱々の鍋焼きうどんが気になったりして…。
1_2
野菜天ざるはちょっと手間がかかるらしく、後から来たお客さんの注文が先に出されてからやっと運ばれました。
天つゆが付かないからか、そばつゆがすごく大きな器に入っているのに驚いた。
2_2
本当に揚げたてで、熱々さくさくの野菜天。
野菜天の具材は薩摩芋×2、茄子×2、ピーマン×2、かぼちゃ×3、玉葱×約3。
野菜だけでも、ボリュームたっぷりです。
3
細く繊細な白っぽいおそば。
4
薬味はわさび、刻み葱、みぞれ。
5
湯桶に入ったそば湯が出されます。
おそばを食べ終わって、残ったそばつゆに熱いそば湯を注いで、喉が焼けそうなのを飲むとやっと温かいものを身体に取り込めてすごくホッとしました。
ワタシは通ぶって冷たいおそばにしたけど、やっぱり寒いときには熱々の食事で温まるのが嬉しいものです。
この店にはほかにもかにそば、蛤そば、にゅう麺、松茸そばなど食指をそそられるメニューがいっぱい(丼ものなどもあります)。
ワザワザ交通費をかけてまで何度も行く気はないが、近くに立ち寄る機会があったらまた来てもいいかも。

|
|

« 仕事納めの日の釜飯ランチ | トップページ | 駒込 アルプス洋菓子店のケーキ »

文京区」カテゴリの記事