« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月29日 (火)

駒込 アルプス洋菓子店のケーキ

食事のあとは、やっぱりアルプス洋菓子店に寄ってケーキを食べたい。
今日は先日と違って喫茶室はガラガラで拍子抜け。
1_3
本当は、やっぱり真紅のムースが美しい〈ラズベリー〉にしたいところだけど、どうせなら違うものをと思って店名を冠したガトーアルプス600円とアメリカン395円。
2_3
イタリア産の栗を使ったフランス風モンブラン。
上の生クリームと茶色いなマロンクリーム、それにカスタードクリームはふわふわと柔らかく、カップになった台の部分がちょっと硬いクッキーのような焼き上がりなので食べづらいけど、美味しかったです。

駒込 六義園長寿庵の野菜天ざる

大晦日が近付き、そろそろ年越しそばが気になる時季になりました。
美味しいおそばが食べたいなあ。
何という用事もないけど駒込まで行って、年末年始の休園中の六義園前(といっても、新年は2日から開園するそうです)を通って六義園長寿庵というお店に入りました。
ここのおそばがなかなか美味しいという噂を聞いたので、いっぺん来てみたかったのです。
あれ?11時開店のはずが、まだ暖簾が出ていない。
20分ほど時間をつぶして、やっと暖簾が出たので入店してみれば、そこにはもう何人ものお客さんが入っている。
午前中からお酒を飲んでいる御仁も。
店のおばちゃん、暖簾を出し忘れたんと違う?
0

思ったより狭い店内でしたが、常連さんが多いようで、二人いるおばちゃんと何やかやと話に花が咲いています。
席に着くとおしぼりと、美味しい緑茶がサービスされます。
メニューは驚くほど豊富ですが、ワタシはここは迷わずお目当ての野菜天ざる900円を注文。
しかし本当は、ほかのお客さんが注文している熱々の鍋焼きうどんが気になったりして…。
1_2
野菜天ざるはちょっと手間がかかるらしく、後から来たお客さんの注文が先に出されてからやっと運ばれました。
天つゆが付かないからか、そばつゆがすごく大きな器に入っているのに驚いた。
2_2
本当に揚げたてで、熱々さくさくの野菜天。
野菜天の具材は薩摩芋×2、茄子×2、ピーマン×2、かぼちゃ×3、玉葱×約3。
野菜だけでも、ボリュームたっぷりです。
3
細く繊細な白っぽいおそば。
4
薬味はわさび、刻み葱、みぞれ。
5
湯桶に入ったそば湯が出されます。
おそばを食べ終わって、残ったそばつゆに熱いそば湯を注いで、喉が焼けそうなのを飲むとやっと温かいものを身体に取り込めてすごくホッとしました。
ワタシは通ぶって冷たいおそばにしたけど、やっぱり寒いときには熱々の食事で温まるのが嬉しいものです。
この店にはほかにもかにそば、蛤そば、にゅう麺、松茸そばなど食指をそそられるメニューがいっぱい(丼ものなどもあります)。
ワザワザ交通費をかけてまで何度も行く気はないが、近くに立ち寄る機会があったらまた来てもいいかも。

2009年12月28日 (月)

仕事納めの日の釜飯ランチ

今日で会社も仕事納め。
午前中から恒例の大掃除で、お昼は釜飯が出ました。
1
よくある宅配チェーン店五目釜飯
2
海老、鶏肉、帆立、竹の子、銀杏、うずら玉子、錦糸玉子、栗、椎茸、山菜。
一膳目は釜飯をそのまま食べて、二膳目からは別添えの薬味をのせてポットのダシをかけてお茶漬けとして食べるのがまた旨いです。
しかし、仕事に追われながら急いで食べたので、味も何もよう分からんかった…。

午後からはまた野暮用で時間をとられ、結局また納めの日まで帰りが遅くなってしまいました。
紙袋に入れたお持ち帰り仕事を手に提げて会社を出る。
これで平成21年のおしごとも終了。
とりあえず一週間は会社に来なくてもいいと思うと、超うれしい!です。

2009年12月27日 (日)

秋葉原 神田グリルの蟹クリームコロッケとプリン

きのうDVD-Rを買えなかったので、今日もヨドバシAkibaに出直しました。
10
やっぱり先に8階レストラン街でお昼にします。
今日は洋食で、神田グリルに入りました。
01
席に着くと店員さんが脇に置いた荷物にえんじ色のクロスをかけてくれます。
脂っこい料理メニューも多いので、汚れないようにとの気遣いらしい。
ワタシこういうサービスを初めて受けました。
注文は洋食屋さんの蟹クリームコロッケ1,134円をメインに、スープ・ライス・ドリンクの付くAセット525円にしました。
02
まずは、セットのスープが登場。
03
コーンクリームスープに、生クリームを落としてあります。
とってもクリーミーな味わいです。
04
洋食屋さんの蟹クリームコロッケ、ライス、アイスミルクティー
05
蟹クリームコロッケは、オレンジ色のトマトベースのソースに玉葱入りの酸味を効かせたポテトサラダ、レタス、パセリ添え。
07
コロッケにさくっとナイフを入れると、とろりと中身が溶け出す。
カニ身が(たぶん)いっぱい入ってはいるんだろうけど、とろとろに炒めてあって原型をとどめていないせいもあり、カニの風味はいまいち乏しい。
まあ、ふつうに美味しいですけど。
このソースがまたとろっとして溶け出したコロッケに付けにくかった。
06
ライス(又はパン)はお代り自由ですが、このボリュームなので最初に出された分を食べきるだけで精一杯。
もしかしたらパンの方がコロッケとソースを拭って食べやすかったかも。
パンならお代りもできそうだし?
08
お腹はいっぱいだけど、やっぱりデザートも気になって洋食屋さんのカスタードプリン399円を頼んでしまいました。
カップの表面には生クリームがいっぱい浮かんでいて、このクリームがまたすごく濃厚で、スプーンですくってもなかなかプリン本体が姿を現しません。
09
だいぶ食べ進んだところで、やっとカスタードプリンが見えました。
こんなとろけそうに濃厚なプリン、初めて食べたような気がします…。
ワタシ、こういう甘さなら大好きなのです♡

この店は、ネットの口コミでは店内が騒がしくて落ち着けない、店員さんの接客がイマイチ、というマイナスの評判も聞こえてきます。
ワタシの行ったときは確かに店内は混んでいたけど、無理な注文も快く受けて貰えたのが良かったし、若いスタッフさんたちの動きもきびきびしていて感じはそう悪いことはありませんでした。
確かにあまり安くはないけど、ドリンクの無料券を貰ったし。
次回はオムライスかビーフカレーとかいいね。

さて、ゴハンを食べてから2階で買ったのがこのDVD-R DLという製品です。
Img_6971
東芝ご推奨の三菱化学工業製、8.5GBのが5枚パックで1,280円。
安いのか高いのかよう分からん。
ただ、この後ウチに帰ってリカバリメディア作成という作業をやってみましたところ、最初にDVD-R DLが3枚必要と表示されましたが、5枚のうち2枚でエラーが発生して書き込みができませんでした。
何度かエラーが出たあと、これが駄目だったらどうしようと思いながら最後の1枚をセットしたところ、無事に3枚目のリカバリDVDを作ることができたのでとりあえずホッとする。
失敗した2枚は、そのうち何かのバックアップ用にでも試してみよう。
こんどはちゃんと書き込めるかもしれないし?

2009年12月26日 (土)

秋葉原 さんるーむのオムライス

新しいノートパソコンのマニュアルを読んでいたら、「リカバリーメディアを作れ」とゆーことが解説されてありました。
万が一のときのためにそれもアリかなと思い、今日はDVD-Rっちゅーものを探しにまたもやヨドバシAkibaへ行ってみる。
とりあえず、さきに8階レストラン街でお昼にします。
このあいだデザート無料券を貰った さんるーむ へ再び入りました。
01 012
まだ12時前なので、レストラン街のどの店もそんなに混雑していないようです。
鍋焼きうどんの美味しさも記憶に新しいが、今日は8種類の野菜のデミグラスソースオムライス930円を注文。
013
…というわけなので、ワタシは黒米にしました(これで863Kcal)。
アイスミルクティー350円(2Kcal)を取って、先に出して貰うことにする。
02
オムライスとアイスミルクティーが運ばれてきました。
03
何か、このオムライス、見本と違ってちんまりしてるな…。
小さなオムライスを、大きなお皿の手前にセコく寄せてあります。
032
8種類の野菜とは、ブロッコリー・かぼちゃ・蓮根・人参・ごぼう・茄子・大根・しめじ。
ボリュームはともかく、確かに数だけは揃っている。
04
ふんわりと柔らかく焼かれたタマゴに包まれた黒米ピラフ。
気のせいか、ごく微かな細切れ肉(トリ肉?)が混じっていたような気もしないではないが、黒いご飯のおかげでよく見えないのをいいことに、このさい無視して食べちゃった。
店頭のサンプルには騙されたけど、食べてみれば結構一時的にはボリューム感あり。
ただし、あとですぐお腹が空いたけど。
05
食後のデザートは、黒蜜ゼリー抹茶クリームのせ(202Kcal) です。
ほんとうはプリンが一番好きなんだけど、違うメニューに挑戦してみたかったので。
黒蜜ゼリーはかなり甘く、アンコ玉がまたそれ以上に甘ったるい。
抹茶アイスの爽やかさで何とか救われました。
アイスティーと、お冷やに入っている氷をガリガリと噛んで口直し。
09
お会計をしたら、またもやデザートの無料券を貰ってしまいました。
また来ざるを得ないじゃないですか…(それが狙いだろうけど)。

さてヨドバシAkibaの各フロアは広くて、電気製品以外にも本、ゴルフ、眼鏡、おもちゃ、化粧品や何でか旅行代理店やお医者さん(歯科と眼科)まで入っています。
楽しかったのは6階で見つけた「食玩」のコーナー。
ミニチュアの食品サンプルがいろいろあって、あれもこれもつい買いたくなっちゃう。
お目当てのDVD-Rは、いろいろな商品があり過ぎてどれがいいんだか皆目分からない。
マニュアルには「推奨メディアを使用して下さい」とありますが、考えたらその推奨品とやらを控えてきませんでした。
実際はドコの製品だって使えるんだろうけど、機械関係に疎いワタシはその点、ちょっと不安なので今日は買うのをやめときました。
あれこれ見る分には確かに楽しいけど、ほんとうのところ、素人のワタシには上野店くらいの店舗のスペースで十分だな…。

2009年12月25日 (金)

新宿 京風スパゲティー先斗入ルの京風パスタ

今日はちょこっと残業をして、新宿でごはん。
新宿サブナード地下街の京風スパゲティー先斗入ル(ぽんといる)へ行きました。
0
お箸で食べる京風パスタの店です。
5 8
ワタシはドリンク・デザート付きの〈冬のおすすめセット〉1,500円を注文しました。

4
風切り昆布
これはセットでなくても、単品でも全てのスパゲティーにもれなく付いてきます。
スパゲティーにコンブ…。
1
季節柄か、ぐるなびのサイトに載ってたメニューとだいぶん違っていて、ワタシの食べられそうなメニューがあまり無かったので選択に苦慮しました。
ワタシの選んだスパゲティは、“京の冬味”モッツァレラチーズと京野菜のミネストローネスープ
もう一つ、<赤伏見唐辛子のカルボナーラチリトマト>もいいなと思ったのだけど、ミネストローネが単品1,180円なのに対して、こちらは単品1,135円である。
セットにすると一律1,500円になるので、どうせなら高い方のパスタでと思い、ミネストローネにしました(せこい)。
あと、これも、“京の冬味”の九条ねぎと堀川ごぼうと帆立のクリームスープでも良かったんだけど、単に今日はトマト味が食べたかったの…それだけ。

スタッフのお姉ちゃんから「スープが熱いですから気をつけて下さい」という口上と、お杓文字が添えられます。
2
海老芋、九条ねぎなど冬の今日野菜に加え、蕪、壬生菜、蓮根など野菜をたっぷり使ったミネストローネ。
あつあつのミネストローネは冬にうれしい一品です。
…という謳い文句のスパゲティ。
しめじや、みじん切りのトマトの姿も。
3
寒い冬の季節、熱々のスープはいいですね。
細麺のスパゲティーが、あっさりとした味付けのトマトスープとよく馴染んでいて美味しい。
野菜たっぷりなのが嬉しい。
スープをすくっていくと、底の方にベーコンも入っていたけど。
6
食事のあとの飲み物と京風デザートは、宇治上辻園の冷たい抹茶ラテ抹茶わらびもちロールケーキ
7
抹茶のわらびもちが入ったロールケーキに手作りあんこと栗の甘露煮を添えました…。
ロールケーキはまだしも、う~、このアズキがまた歯が浮くよに甘い…。
まあタマにはこんな和風の甘いのもいいか。
クリスマスだしね…。

ちなみにこの店のすぐ近くには自然食の店「さんるーむ」があります。
メニューは、秋葉原店と少し違うみたい。
例えば、“鍋焼きうどん”が無かったし…。
「さんるーむ」、デザートのタダ券があるのでまた行きたいな。

2009年12月24日 (木)

おうちのクリスマスケーキ

今日は朝からズキズキと頭痛がして、軽く寒気がして気分が重い。
もしかして風邪を引いた?
クリスマスイブだっていうのに…。
そんなわけで、今日は定時で退社していつもよりずいぶん早目に帰宅。
うちでふつうのごはんとクリスマスケーキを食べました。
Cake
近所の小さなケーキ屋さん製。
チョコレートケーキです。
これも美味しいけど、昔あったチョコレートでぱりぱりに外側をコーティングした丸いケーキって、今はないんでしょうかねえ。
今夜はこのあと風邪薬と、それにチューブのおろし生姜と蜂蜜をたっぷり入れたホットミルクを飲んで早いとこ寝るだ。

2009年12月23日 (水)

“ひかり”開通

今日は、新しいプロバイダというか、インターネット回線を従来のADSLから「フレッツ光」に変更する工事日。
午後、NTT東日本から工事担当のおっちゃんが来てウチの内外で何やかやと作業をすること1時間ちょっと。
新しいモデム(右)と、あらかじめ新プロバイダから送られてきてあった何かのハコ(左)をつなげて工事完了。
これで、電話もふつうに使えるとのこと。
なお、戸外の工事は無料になるが屋内の工事は有料とのことで、3千円ちょっとの明細を置いていった。
あれ?店頭ではフレッツ光の工事代は無料と聞いたような気がするけど…。
Img_6918
で、NTT東日本から幾つか送られてきた封筒のなかに、フレッツ光を設定するためのCDというのが入っていたので、工事屋のオッちゃんが帰ったあと、これを取り出してやってみる。
でも、試しにIEのアイコンをクリックしたら、普通にワタシのいつものホームの画面が出るんですけど…。
ともあれ、CDの設定をやり始めたら途中でエラーが発生。
初期契約時は何回でも無料で問い合わせできる「リモートサポートサービス」とやらに加入しているので、ソコに電話すると、受付嬢からサポート担当がいる窓口の電話番号を告げられ、「もうこちらに電話する必要はありませんから直接かけて下さい」と言われる。
なんかつっけんどんだなー。
本当は、ワタシNTT東日本はイヤだったんだよね。
で、サポート窓口に電話したら「現在、電話がたいへん混み合っておりますので、恐れ入りますがお名前とお客様番号、電話番号、用件をお話下さい。後ほどこちらから順番にお電話します」という自動音声が流れる。
もー、どうなってんの?
それでも数分後に折り返しサポート担当から電話があって、事情を話したところプロバイダの装置とモデムが接続されている場合は、このCDによる設定は必要が無いということが判明しました。
な、何なのよ~。
まー、一応コレでワタシも「光回線」を利用できることになったわけだ。
画面の動きもさくさくしていて、気持ちが良いな~。
あとは、新プロバイダで設定した新しいメールアドレスをOutlook Express(Windows Liveメール)のアカウントに追加したいんだけど、これがどうもうまくいかなくてエラーが発生。
NTT東日本のサポートからは、プロバイダに設定を確認して下さいと言われましたが、そこまでで、本日はプロバイダのサポート対応時間を過ぎてしまったのでこの問題は後日に持ち越しになりました。
ただ旧プロバイダのメールアドレスは残してあって受信だけなら使えるし、Windows Liveメールを使わなければ新アドレスは送受信OKです。

今日はドコにも出かけず、朝から年賀状を四苦八苦して作成しました。
Wordも、EXcelも、何か画面表示が変わっちゃってやりにくいな…。
せっかく買ったんだから、なるべく早く新OSに慣れんとー。

ところで、NTT東日本の工事のおっちゃん、ウチの玄関先にドライバー忘れとるでー!?

2009年12月20日 (日)

秋葉原 さんるーむの鍋焼きうどん定食

今日は本題に入る前に、残念なニュースを二つ。
寝坊してかったるくて、出遅れた日曜日。
こんな冷たい風が吹く寒い日は、あったかいおそばかうどんで温まりたいと思いまして、考えたのが「ふくしま会館」のおそばか「福助」のうどん。
「ふくしま会館」では去年の暮れ、冷たい十割そばを食べたきりなので、今日は温かいおそばにしよう。
上野で降りて、「ふくしま会館」に向かって歩いていったところ、それらしいビルの前に来たら、何かガランとしてる…閉館してるやん!
ショックでしたが、それなら「福助」でお昼限定のうどんを食べよう、と気を取り直して、御徒町方面に歩いて松坂屋裏の「福助」へ行くと、日曜日なのにシャッターが閉じています。
「!?」と思って店舗をよく見ると、看板の“福助”の文字がテープで×字型に消されている。
「福助」が…閉店してしまった!
ワタシの青春時代の思い出がいっぱい詰まった「福助」が…悲しいです。
あの黒く煤けたレジ台の福助人形は…いつもレジに座っていたおばちゃんは…。
帰宅してから調べたところ、「ふくしま会館」は今年3月に閉館、「福助」は店主の体調不良により11月ごろに八十年余の歴史を閉じたらしいことが判明しました。
ああ、「江戸っ子」に続いて「福助」まで上野の街から消えてしまったとは…諸行無常です!

さて、ダブルショックで打ちのめされた思いでしたが、今日はヨドバシAkibaへ行くつもりだったので、とりあえず秋葉原へ移動。
まだ行ったことのない8階のレストラン街へ行ってみよう。
日曜日のお昼時のレストラン街はどこも人で賑わい、混雑しています。
前から気になっていた さんるーむ に入りました。
ココは「安全・安心・健康」をキーワードにした自然食のお店。
無農薬・減農薬野菜などを使った、体に優しいメニューが揃います、というのがキャッチです。
メニューはいろいろありますが、〈冬のおすすめ 鍋焼きうどん〉というのが目にとまりました。
0
ちょうど卵の入ったうどんが食べたいと思っていたので、コレはいいね。
湯葉と聖護院大根蕪蒸し定食・ドリンクデザート付き1,449円(510Kcal)を注文。
1
お膳が登場。
2
定食の鍋焼きうどんは小さいサイズ。
(メニュー写真を見る限り、単品だともっと大きいお鍋になるみたいである)
湯葉、すりおろした聖護院大根、しめじ、人参、三角お揚げ、菜っ葉、しめじ、そしておろし生姜など。
それをタマゴでとじた熱々が嬉しいうどん鍋です。
メニュー写真には海老が写っていましたが、実際のお鍋には小さなトリ肉が二切れ、入っていました。
別皿に刻み葱が添えられています。
21
定食には、京のおばんざい3品が付いてきます。
3
里いもコロッケ。
手前に抹茶が添えられているので、コレを付けて食べるらしい。
4
蓮根とごぼうのきんぴら。
ビリ辛のきんぴらには、人参もちょこっと入って白ごまがふってあります。
青みにいんげん豆。
5
煮豆と京風切り昆布。
金時豆と人参の煮たのと、昆布の佃煮。
花豆が一粒添えてあります。
6
タマゴを割って、とろりとさせて…。
7
食べやすいよう小鉢にうどんをとって、いただきます。
8
里いもコロッケを割ってみました。
すりおろした里いもに、ひじきとか人参が入った精進コロッケ。
黒ごまをまぶして揚げてあります。
9
食後のドリンクとデザートは数種類のうちから選べますが、ワタシはオーガニックアイスコーヒー(6Kcal)と黒胡麻プリン(171Kcal)をチョイス。
10
うつくしい黒胡麻プリン。
この焼き目に惚れ惚れとしてしまいます。
11
ぷるるんとした黒胡麻プリン。
定食にしたので卵入りの鍋焼きうどんはミニサイズ、ボリューム的には腹八分目といったところでしたが、絶妙に美味しかったです。
お家計のとき、デザートの無料券を貰ったので、今度は別メニューを食べに来よう。
ヨドバシAkiba8階には、ほかにも気になるお店がいっぱい。
交通費もかからないし、いいレストラン街を発見しました!

休日のヨドバシAkibaは新しくて、広くて、各フロアは上野店とは比べ物にならないくらい買い物客で賑わっています。
機械に疎いワタシは、あんなに広いフロアにいろんな製品が溢れかえっているのを見ると、もう訳がわかんなくなっちゃうよ。
で、今日はバックアップ用に2台目の外付けHDDを下見するだけのつもりだったのですが、ちょうどタイムサービスでI・O DATA社の1.0TB(…て、よく分からんけどどのくらい?)の製品が安くなっていたのでつい買っちゃった。
でも本当は、ポイントと合わせてあと50円あればバックアップ機能付きの製品が買えたんだけど…。
きのう、ダイソーであれこれと余計な買い物をしなれれば…。
まあ、高機能製品を買ってもどうせワタシには使いこなせないし、もともと予算1万円以内で考えてはいたんですけどね。
 

2009年12月19日 (土)

日本橋三越 カフェ・ウィーンのクリスマスデザート

日本橋まで来たからには、デザートは三越本店2階のカフェ・ウィーン
お昼時の店内は、三越でお買い物を楽しむ優雅なマダムたちでなかなか賑わっています。
1_2
ザッハトルテがいちばん好きだけど、こないだも食べたばかりだから今日は違うものをと、思い切って注文したのがこの時季限定のクリスマス特別メニュー クリスマス・ウィーン1,575円。
2_2
3種類の小さなケーキとアイスクリームがワンプレートに盛り付けられた豪華なデザートです。
.3_2
コーヒーまたは紅茶付きで、ワタシはやっぱりメランジェで。
コーヒーにはメダルチョコが付いてきます。
4_2
オレンジのケーキ。
チョコレートスポンジの上に、オレンジの風味のするババロアがのってます。
トッピングもオレンジの薄切りと生クリーム。
5_2
チョコレートのロールケーキ。
スティックチョコと苺、それに生クリーム添え。
6_2
チーズケーキ(あまりチーズの風味は感じられなかったけど、たぶん…そうだよね?)
添えられたフルーツは、メロン、りんご、モモなど。
7_2
バニラアイス 生クリームとラズベリーソース添え。
クリスマスらしく柊の飾りが付いてます。
そうとりたてて美味しいものでもなかったですが、まあタマには違うものが食べられたということで良しとする。
どれか一つ選ぶとしたら…ラズベリー風味のアイスだな。
ワタシはラズベリーが好きなので、これが一番美味しかったです。

日本橋 たいめいけんの野菜オムレツ

今日は洋食で、日本橋の たいめいけん へ行きました。
着いたのが11:15くらいで、すごくいい天気の土曜日なのでもう行列ができてるかと思いきやまだ空席があり、窓側に案内されました。
1
名物のボルシチコールスロー各50円。
2
ボルシチはビーツ、キャベツ、ジャガイモ、人参、玉葱などがたっぷり。
よく煮込んであって、野菜はとろとろになっています。
3
キャベツのコールスローサラダ。
小皿に入って出されるのですが、これがけっこう量が多い…。
4
トマトとアスパラガスが入った野菜オムレツ1,550円。
たいめいけんといえば普通はオムライスが有名ですが、ワタシの場合はハムライスの“ハム”を除けるのが面倒なので…(イヤ、別に自分では慣れてるし得意なんですが人目もあるし…)。
しかしワタシはかなり珍しい注文をしたようで、ウェイトレスさんに「オムレツ!?」と驚いたように聞き返されてしまいました。
5
オムレツだけでは何なので自家製パン300円をいっしょに。
が、小さい…ロールパンも丸パンもミニサイズである。
温められてあってほんのり甘く、お味はとても美味しいです。
ただ、せめてパンを食べる場合はおしぼりを出してもらいたいものである(卓上に紙ナプキンはタップリ用意されていますが)。
6
オムライスには、可愛いおままごとのようなソースポットにトマトソースが出されるので、自分で加減してソースをかけられるのが嬉しいです。
7
オムレツにスプーンを入れたところ。
トロトロの卵の中に、トマトの赤とアスパラガスの緑が透き通って見えています。
ふんわりと仕上がったオムレツは、さすが何しおうたいめいけん、非常に美味。
8
オムレツの付け合せはラディッシュの薄切りを添えたポテトサラダ。
上にのってる緑の葉っぱは、チャービル?
小さいパン二つでも、これだけ食べたらお腹は一杯になりました。
ワタシが食べているうちに、お昼時を迎えたお店の前には数人が入店を待っていました。
でも去年の秋、三連休のときのような大行列ではありません。
土曜日でも、この時間ならまだわりあい入りやすいんだな…。
今度はまた別のメニューに挑戦したいです。

2009年12月18日 (金)

新宿 ジンジンのパスタ

ここのところ晴れてはいるものの風が冷たく、寒い日が続いています。
午前中、仕事で中野に出かけて会社に戻る道すがらジンジンでパスタを食べていく。
Photo
本日の注文は、カルボナーラ730円。
Photo_2
生クリームとトマトソースのパスタ。
カルボナーラとはいえ、ここのはタマゴは使わないタイプ。
わりあいとベーコンが入っていた(ワタシは肉嫌いなので、チェッ)。
せっかくのトマトソースが、生クリームと合わさってちょっとぼけた味になってしまう。
まあ、クリーミーとはいえますが。
やっぱりナポリタンとか、和風スパにすれば良かったかな。
ところでここに来るお客さん(特に男性陣)はたいてい大盛りを食べています。
みんな食欲あるのねえ~。

2009年12月17日 (木)

Windows7がやって来た!

予防接種(けっこう痛かった!!)を済ませてから、ヨドバシカメラ上野店で東芝dynabookのノートパソコンを購入。
OSは最新のWindows7(おおお)。
これまでウチで使用していたパソコンは富士通のデスクトップ(MEをXPにグレードアップ)で、インターネット回線は未だにADSLでした。
しかし最近はパソコンの動作が遅いのと、パソコンラックが狭い部屋の場所ふさぎになっているのがどうにも気になって、とうとうノートパソコンを購入した上、プロバイダも変更して光回線を申し込んでしまいましたです。
ほんとうは使い慣れた富士通パソコンを考えていたんだけど、店頭で5万円引き(ブロードバンド加入の条件付き)で約8万円だったのに目がくらみ、こちらの機種に決めた次第です。
Vistaだったら超お値打ちの約3万円(6万円引き)で購入できて、あとで千円くらいで「7」にアップできるという機種もありましたが、ワタシ初心者だし、あんまり面倒な設定はできないからやっぱり最初から「7」になってるのがいい!!
Pc12
おうちに着いたパソコン。
店の人には3kgくらいと言われましたが、ここまで手に提げて持って来たらけっこう腕が疲れちゃったですよ。
Pc2
梱包を解いて、箱から内容物を取り出しました。
Pc3
パソコン本体のディスプレィを開きました。
Pc5
「スタートアップガイド」を見ながらパソコンの初期設定。
自慢じゃないがワタシは機械音痴で、会社のパソコンの設定はもちろんほかの人がやってくれるのを見てるだけ、自宅の旧パソコンだって全部近所の電気屋さんにやって貰った始末。
今回は、ヨドバシカメラの有料設定を頼まなかったので全部自分でやらなければなりません。
まずACアダプターをつないで、電源を入れて、そしてWindowsの初期設定。
初期設定の際は周辺機器をつなげられないので、マウスを使えず、慣れないタッチパネルで画面を操作しなければならない。
Pc6
ユーザー設定を行うと、何とかWindowsが起動しそう…かな?
Pc7
とりあえずスタートページが出てきました。
しかし、このあとがまた大変。
普段から「LANケーブルってどれだっけ?」というワタシが旧パソコンからLANケーブルとモデムを新しいパソコンにつなぎ変える。
しかし、インターネットに接続できません。
ヨドバシカメラの店頭では、ケーブルを接続するだけでインターネットにつながると聞いたのに…?
仕方なく(新プロバイダの接続工事は来週なので)現在のプロバイダに電話して、“新パソコンにインターネットを接続するための場所を作る作業”とやらを行い、やっとインターネットが開通。
新しいパソコンで、見慣れた自分の画面が出てきたときは、なんかもう感激でした。
旧パソコンからのデータのお引越し作業、ウィルスバスターの設定まで行ったらもう夜中です。
ところが、ココにきて新パソコンのスタートメニューには見慣れた「Outlook Express」が無いことに気がつく。
何と、Windows7ではメール、画像処理ソフトなどはMicrosoft Liveというシステムの中に入っていて、マイクロソフト社のホームページから別にダウンロードする必要があるというのだ。
ええ~!?なんか不便ねえ…。
Microsoft Liveはダウンロードしたけど、その先のメールの設定がいまいち分からん。
しかし、もう疲れたので、今日の作業はひとまずココまでにしました。
Pc4
で、これがワタシの新しいパソコン。
ピンク色が可愛いコです。
使い心地はといえば、やっぱり動作が軽くて気持ちがいい。
でも、旧パソコンに比べて、液晶画面がいやに明るい…というか色が、薄い…感じなのである。
今どきのパソコンって、こんなものなのだろうか?

何とかインターネットまでは使えるようになったけど、来週、新しいプロバイダ回線が開通したらまたややこしいことになるんだろうな。
このうえは、旧パソコンからの全データ移行処理をさくさくと終わらせて、早いとこパソコンラックを片付けて部屋を広くしたい。
ま、年内は間に合わないかもしれないけどね。

上野 麻布茶房のラーメンランチとスイートクリームポテト

今日は午後からインフルエンザ予防接種(新型ではない)のため午後から半休を取得。
(タマには休ませてよ~、最近すっかり泣きが入ってますワタシ…。)
会社を出るのが遅れ、さらに新宿で銀行に寄ったりしていたらすっかりランチタイムを外してしまいました。
折角の平日ランチなので、普段は行けないお店にで食べようと思っていたのに、もうこうなったらお手軽なところでアトレ上野2階の麻布茶房で簡単に済ますことにします。
食事と甘味をやってる和風喫茶といった感じのチェーン店です。

Photo
注文したのは、ランチメニューのトップにあるラーメンランチ(本日のごはん・健康ドリンク付き)880円。
Photo_2
シンプルな醤油味の茶房ラーメン
具はチャーシュー、水菜、浅葱、メンマ。
Photo_3
本日のごはんは梅ごはん
ごはんの上にのっているのは、ふわふわとしたあおさのりです。
お膳の左上の健康ドリンクはりんご梅酒だそうです。
何じゃそりゃ、てな名前の飲み物ですが、爽やかな風味で食後の口中がサッパリしました。
Photo_5
麻布茶房といえば、やっぱり甘味も食べたい。
看板(?)の スイートクリームポテト650円を。
温めたスイートポテトの上に山盛りのソフトクリームがのってます。
トッピングは、小倉・宇治金時・黒ごま・黒みつきなこ・杏・ハニーレモン・ラム酒・カルーアから選べますが、ワタシは定番の黒みつきなこ。
下のスイートポテトが温かいので、早く食べないとソフトクリームがどんどん溶けてゆきます。
久しぶりだなあ、この味。
ずいぶん以前、新宿店(現在の場所とは違うと思う)で食べて以来です。
なお、この店にはワタシの食べたかった茶房風かにオムレツというメニューはありませんかった(若松賤子の『小公子』風に)。
現在はメニューから消えてしまったのだろうか。
それとも、支店によって違うのかな。
今日はアトレのポイントカードを貰ったら、10%割引券を貰ったので次回はオムハヤシライスなど試してみたいです。

2009年12月13日 (日)

銀座 トップスの野菜カレーとチョコレートケーキ

今日は12時過ぎに銀座に出ましたが、お目当てにしていた店が行列でガックリ。
それで四丁目まで足を伸ばし、トップス銀座店に行く。
歩行者天国の最中だけど、ここはビルの地下にあるため穴場なのか、幸い空席があったので今日のお昼はここでカレーを食べて行くことにしました。
ワタシは今の会社に就職する前、2年ほど銀座4丁目の某企業(特に名は秘す)に勤務していたことがありまして、その頃、何度か行っていたのが当時は銀座コアビルにあったトップスです。
トップスといえば、最近まで新宿にも支店があったのですが、こういう店にしてもいろいろ変遷があるようで何だか厳しい限りです。
注文したのは、セットメニューの中からCランチ2,800円。
2
トマトフレンチサラダ(ミニサイズ)
和風ベースのドレッシングが絶妙に美味しいです。
1
ヴィシソワーズ…じゃがいもの冷たいクリームスープ
そうとりたてて美味しいというものではないですが、スープが付くのは嬉しいです。
3
5種類の薬味。
紅しょうが、らっきょう、福神漬け、ピクルス、チーズ。
ワタシはチーズは使いません。
4
カレーとご飯が供される。
大きなお皿の上に、ごはんはちんまりと盛られています。
5
アーモンドスライスとレーズンののったごはん。
6
お代わり用のごはん。
ちなみに、薬味とご飯はお代わり自由ということですが、普通の人だったらそんなに食べられるものでもないです。
7
で、こちらがメインの野菜カレー〈辛口〉
揚げ茄子、じゃがいも、かぼちゃ、にんじん、ほうれん草。
8
カレーと薬味を盛り付けて、いただきます。
辛口という名に違わず、このカレーはほんとに辛い。
ワタシは各テーブルに置かれるタッパーのお冷やを何度もガバガバお代わりして、口の中を冷やしながら食べました。
さてお味は?
もちろん悪くはないんだけど、美味しいけど…トップスのカレーってこんなだったかなあ?というのが正直な感想。
昔、コアビルにあったトップスで食べた野菜カレーは、こんな味だったろうか。
あの頃は、銀座の野菜カレーというだけで、ただもう夢ごごちという感じで食べていたけれど…。
ワタシのことだから、当時も辛口を食べていたとは思うんだけど、これが甘口ならもっと違う感想になるのかなあ。
ご飯はお代わり自由ですが、それでなくとも十分すぎるほどの量でした。
9
食後の飲物とケーキ。
10
食後の飲物は、ホットコーヒー
11
チョコレートケーキ(半量)
何か、一部凹んでいるのが気になるけど…(せこい?)
ワタシはトップスのチョコレートケーキが大好きです。
が、この日は…お腹が一杯過ぎて、普段のワタシだったら軽く平らげてしまう薄切りケーキが胸につかえて、腹が苦しくて…要するに食べ過ぎ。
後で気がついたのだけど、Cランチって一番品数が多くて高いランチだったのね。
単品で野菜カレーとケーキセットにすれば良かったのかも。
胃薬を持ってこなかったのを激しく後悔する。
が、それも一時のことで、じきにお腹も楽になったワタシは、その足でヨドバシカメラにパソコンを買いに行ってしまったのでした。
ついにワタシもWindows7に挑戦するのだ!

2009年12月12日 (土)

出雲の縁結びストラップ

島根に旅行したときに出雲空港で買ったストラップを失くしてしまったので、同製品を製造元から取り寄せました。
お店は、松江市に本店を構えるめのうの老舗[創業明治拾年(1877)]、めのうの店 川島さんです。
Img_6791
画像が悪くて分かりにくいのですが、赤めのうと黒いオニキスの二つの勾玉が結んであります。
同製品で石の種類も指定したんだけど、なんか微妙に赤めのうの色合いが違う…物が物だから仕方ないのか。
ちなみに本体価格は1,155円ですが、配送料+代引き手数料でけっこう高いものになりました。
こうなると勿体なくて携帯にぶらさげられない。
というわけで、ワタシの携帯には今なおダイソーで買ったクリップ付きのストラップが付けてあります。
なんか本末転倒してるなあ。

ああ、でもお取り寄せじゃなくて、行きたいなあ…出雲!
またそのうち、出雲大社平成の大遷宮が終わったら考えようかしらね。

上野 国立西洋美術館「すいれん」のカニクリームコロッケとケーキ

一夜明けて、本日は晴天なりの土曜日。
連日の残業続きで少々しんどいけれど、買い物があるのでようやっと起きて出かけました。
お昼は手軽に、定期の範囲内の上野で下りて国立西洋美術館内のレストラン・すいれん へ行く。
ご飯物がいいな~と思って、注文したのはカニクリームコロッケ1,470円です。
このお値段でスープ・サラダ・パン又はライス付きだから、まぁまぁおトク。
1_3
野菜とベーコンのスープ。
12_2
じゃがいも・人参・キャベツ・セロリなどの野菜のこまか切りがたっぷり入ってます。
2_2
レタス、紫キャベツ、しゃきしゃき大根のサラダ。
3
カニクリームコロッケが登場。
付け合せに三色のパスタ、人参の甘煮添え。
32
カニクリームコロッケにはレモンをきゅっと絞って。
カニの身がたっぷり入った贅沢なコロッケ。
ボリュームもたっぷりです。
33
コロッケは、もちろんごはんで頂きます。
一日に一回はごはんを食べたい日本人。
4
食後にコーヒー260円(アフターランチ価格)とケーキ480円で大団円。
5
“今月のおすすめケーキ”ガトーショコラ
チョコレートクリーム・生クリーム・チョコレートスポンジの三層になった濃厚なケーキ。
上にのってるとろりとした生チョコレートクリームはまったりとして、コクを深めています。

国立西洋美術館では、現在「古代ローマ帝国の遺産展」を開催中。
レストランでも、ワタシのいた近くのテーブルでは昼間っからワインと前菜を取っているカップルや、オムライスを食べながらイタリア製の指輪の話で盛り上がる上品そうな老婦人の姿が見られるなど優雅な雰囲気でしたよ。
 

2009年12月11日 (金)

代々木 増田屋のたぬきそば

一日じゅう冷たい雨が降って寒い金曜日。
ハナキン(死語?)だというのに、月曜日に担当の会議があるもんだから会社に居残って一人で残業していて、途中でどうにも空しくなって会社を抜け出し、近くの増田屋へ夜食を食べに行きました。
どうせ残業手当が付くわけじゃないですから…念のため。
本当のことを言えば、そう空腹でもないのですが、ゴハンでも食べないとやりきれない気持ちだったのです。
このところ仕事が年末を控えた超過密スケジュール状態で、今日のお昼だってピザまんとヨーグルト一個だけだったのに、もう忙しすぎてお腹も空かないよ。
ま、もちろん大したことをやっているのではないですけど。
1_2
夜のおそば屋さんの店内には、お客は誰もいませんでした。
カレーライスとどっちにしようか迷ったんだけど、寒いし、身体を暖めたかったので たぬきそば580円。
七味とうがらしをたっぷりふって、いただきます。
久しぶりのおそばは美味しいですが、今日は朝からごはんつぶを食べなかったなあ…。

ベックスのモーニング

今朝のベックスモーニングプレート①390円。
1
2
いつもの定番ですが、パンはフカフカ、タマゴは甘くてとろりとしていて美味しいです。

2009年12月 7日 (月)

日暮里駅のクリスマスツリー

ワタシは普段、朝は上野、夕方は日暮里駅で電車を乗り換えています。
夜、帰宅時の乗換えで日暮里駅構内を歩いていたらクリスマスツリーが出現していました。
Img_6734 Img_6736
ぬいぐるみのクリスマスツリーです。

2009年12月 6日 (日)

日本橋三越 カフェ・ウィーンのカフェヤウゼ

日本橋三越本店2階のカフェ・ウィーンでお茶をしていきます。
2
カフェヤウゼ1,102円。
ザッハトルテとメランジェ(チョコレート付き)。
りんごのお菓子〈アプフェルシュトゥルーデル〉・店名を冠した〈カフェウィーン〉・〈さつまいものモンブラン〉など、ほかにもいろいろなケーキの種類がありますが、やっぱりどうしてもこの組み合わせにしてしまう。
4
ザッハトルテはじょりじょりとしたチョコレートスポンジの甘さが魅惑的。
フォークを入れると、すごいほど洋酒が染み込んでいるのが見て取れます。
でも、これが全然くどくありません。
甘くない生クリームといっしょに食べると美味しさがいっそう引き立ちます。
6
クリームが泡立つメランジェは、ウィーン風のカフェオレ。
ワタシはふだんコーヒーに砂糖を入れませんが、ここは卓上にフランス砂糖が備え付けてあったので、つい黒砂糖のを1カケ、入れちゃいました。
8
このカフェ・ウィーンには食事メニューもありますが、そこは“ウィーン風”、お肉をメインにしたものばかりなのです。
ただ、グラァシュは一ぺん食べてみたい。
しかしワタシの場合、肝心のお肉が食べられないのに1,995円(パン又はライス付き)というのもなあ…。

三越を出て、もういちど日本橋しまね館に戻りましたが、「主水」の前には数名が並んでいました。
そしてまだ“かにちらし限定10食”のボードは表に出たままです。
少なくともワタシが店内にいた時、自分のを含めて4食は出ているのに、そしてあれからだいぶ時間が経っているのに、まだあるんだろうか。
もしかして一日中“限定10食”なんてことは…ないよね?

日本橋 島根料理・主水のかにちらし

今日は地下鉄銀座線の三越前駅で下車、にほんばし島根館へ行きました。
ココは島根県が東京で展開するアンテナショップ。
ワタシは昔からなぜか島根・鳥取といった山陰地方が大好きなので、一ぺん来てみたいと思っていたのす。
場所は、地下鉄の駅からすぐ、山本海苔本店の並びにして日本橋三越本館のお向かいという一等地にあります。
先週、六義園へ出かけた日に出雲空港で買ったストラップを失くしてしまったのでココなら同じ品があるかもしれないーと期待して出かけてったのですが、残念ながら同じデザインのストラップは無かった…。
そのにほんばし島根館に隣接してあるのが、島根料理 主水です。
11
隣接とはいえ入口は完全に別で、店先ではプチ鯛焼きを売ってます。
思ったより狭い店内は鰻の寝床式に奥に細長く、右側にカウンターと左側にテーブルが2席、つきあたり奥の小上がりに数卓あるようです。
1
本当は、割子そばがお目当てだったのですが、店頭に出ていた“限定10食”の看板につられて思わず冬季限定だというかにちらし1,000円を頼んじゃいました。
5
かに、しじみの佃煮、松葉海苔、錦糸玉子、酢ばす、きゅうり、刻んだお揚げの含め煮、紅しょうがなどののったちらし。
かにコロッケ、カニピラフなどいろいろカニのメニューを食べ歩いてはいるけれど、こんなに美しく整ったカニ脚の姿を見るのは、何だか久しぶりのような気がする。
小皿にカニ酢が付いてくるので、一本ずつお箸でつまんでちょっと付けて頂きます。
ちらしとはいえごはんの酢はそうキツくしてありません。
7
お汁が付いてくるのが嬉しい。
やっぱり島根だから、しじみ汁。
しじみ2ケ、吸い口に浅葱少々。
小鉢は、人参入り切干し大根の煮付けです。

ワタシが食べ終わる頃、後から入って来たお客さんがやっぱりかにちらしを注文して、カニ酢をちらしの上に直接かけまわして食べていた。
ワタシは、店員さんに「付けて食べて下さい」と言われたからカニ脚一本ずつこのお酢に浸して食べたんだけど、これってそうするものだったんか!?

ところで地下鉄の出口から地上へ出てすぐ目に飛び込んできたのが「大和まほろば館」。
こんなところに奈良県のアンテナショップが出来たんだ、知らなかった。
いろいろな県産品が並んでいるほか、カフェスペースでは柿の葉寿司やにゅうめんが食べられす。
思えば奈良にも、ここ数年ご無沙汰だわ~唐招提寺本堂の拝観も再開したことだし、また行きたいなあ…。

2009年12月 5日 (土)

おかめのソフト富士

お口直しは、これも久しぶりの交通会館B1階のおかめにて。
餡の入った甘味は最近キツいので、ソフト富士730円をお願いします。
あんまり甘くないところで、豆かんとどっちにしようかなと考えて結局こうなりました。
2_4
抹茶がけソフトクリームと白玉が五個と至ってシンプル。
でも昔は、このソフト富士、確かピンクの白玉が1コ交じっていたのよねぇ。
1_5
ワタシが入店したときは、たまたま店内はがら空きだったのですが、土曜日のお昼時とあってそれからバタバタとお客さんが増えて、それが皆さん、おかめ弁当など食事モノを注文しているのである。
おかめ弁当というのは、おでんをお菜にして、お赤飯・栗飯・焼きうどんをセットにしたメニューらしい。
考えたらワタシはここで甘味以外の注文をしたことがありません。
おかめ弁当のほかにもおでん弁当とか、いろいろな食事メニューがあるので、こんど一ぺん食べてみようかな、ほんまに。

紅鹿舎の元祖ピザトーストのモーニング

今日は、久しぶりに紅鹿舎へ行きます。
ぎりぎりモーニングに間に合って、元祖ピザトーストのモーニング1,100円を注文。
2_3
モーニングったって、土曜日だからか、通常価格と100円しか変わらないのね。
タマゴも付かないし…。
ちなみにドリンクはアイス豆乳カフェオレ
1_2
とりあえずモーニングだとミニサラダ付き。
トマト、きゅうり、千切りキャベツのサウザンアイランドです。
1_4
厚切りパンをこんがり焼いたピザトーストは注文してから出てくるまでけっこう(10分くらい?)時間を要した。
なんか、ワタシより後から来たテーブルの人に先にサービスされていたような気がする。
スタッフの人は気がきかなくて、こちらが言わなきゃ調味料も持ってこないし…。
ちょっと気分を害したけど、ピザトーストは美味しかったですよ、ええ。
マッシュルームや細切りサラミ(ワタシはできるだけ除けた)がのってます。
タバスコを死ぬほどふりかけて食べるのが、また。
ちなみにこの時は、あの優雅なマダムの姿は見えませんでした。

2009年12月 4日 (金)

池袋 タカセのカニピラフとパフェ

少し残業した帰り道、池袋で途中下車してタカセ洋菓子店3階のグリルで夕食。
金曜日の夜だというのにけっこう空いていて、今日は駅前を見下ろす窓際の席に着けました。
2_2
憧れのカニピラフ820円を取りました。
1
ミニサラダが付いてきます。
トマト、キュウリ、レタスのサウザンアイランドドレッシング。
3
たっぷりのカニ身のほか、マッシュルーム、千切りの玉葱、人参、ピーマンなど具沢山のピラフ。
まあ洋風炒めご飯です。
ごはんの中にはタマゴは入ってなくて、代わりにゆで卵のスライスがトッピング。
美味しいですが…あえて言わせてもらえるなら、せっかくのカニピラフなのに、野菜が目一杯入っているのであんまり「カニー!」という風味が感じられないのが残念かなあ。
それに、これは味とは関係ないけど食べていると口の中がゴワゴワになって水分が欲しくて、グラス一杯のお冷だけではちょっと物足りず…飲物、先に出してもらえばよかった、と後悔しました。
4_2
やっとCセット200円で頼んだアイスミルクティーと、ディナータイムサービスのデザートが出てきました。
ああ、ピラフを食べきったら喉が渇いたよ。
5
本日のデザートは、抹茶アイスクリームです。
6
今日は昼間っからパフェが食べたくて、実はこのあと2階の喫茶室へ移動してバナナパフェかプリンサンデーでも食べようかと思っていました。
ただ、ここ3階のグリルでも2階とは少し違うデザートを出しているので、その中からチョコレート&アーモンドのパフェ680円を選んで追加オーダー。
ちなみにパフェの写真をうまく撮るのは、なかなか難しいのである。
7
なぜ“アーモンド”なのか謎だったのだけど出てきた品を見て納得しました。
生クリームとバニラアイス、チョコレートソース、お花のように美しく絞り出されたチョコクリーム、缶詰チェリー、それと細かく切った〈アーモンド・チュイル〉が入ってます。
アーモンド・チュイルは1階の売店で売っているタカセの名物。
アーモンドを砂糖蜜で表面に塗り固めて焼いた、厚みのあるクッキーのようなお菓子です。
少し固めの焼き上がりなので、歯の悪いワタシは食べるのに少々難儀しますが、洋酒の風味がきいているのはなかなか良いです。
ただグラスの中にもこのお菓子を砕いたのがぎっしり詰まっていて、これが何ていうか、もう勘弁してというくらいの甘さ。
まだバナナパフェの方がさっぱりしていたかしらん。
この次はシェフお勧めのオムライスと、バナナパフェにしようかな。
食べ過ぎて、こっそり胃薬を飲んで席を立ちましたよ。

2009年12月 1日 (火)

上野 ちゃぶぜんのたまごかけご飯

気がつけば、季節はもう師走。
まさに、光陰矢のごとしです。
さて今日は、いつも上野駅で乗り換えのたびに気になっていたちゃぶぜんでたまごかけご飯の朝食を食べていくことにしました。
JR東日本グループが経営する駅構内の“手軽な駅の定食屋さん”です。
ココに入るのは初めてで、セルフサービスかと思いきや、「お好きな席へどうぞ」と言われ、適当に座るとスタッフの女のコが注文を取りに来てくれます。
Photo_3
ワタシはいちばんシンプルな たまごかけご飯セット350円を注文。
注文したお膳も持ってきてくれます。
ま、シンプルな内容…。
3
生タマゴですわな。
“平飼たまご”というから、ブロイラーではない、そのへんを歩いているニワトリさんのたまご?(でもサイズは小さめ)
ワタシ、たまごかけご飯が大好きなんですけど、ふだんウチではたまご1コ自分のために使いきる度胸が無くて、旅行に出たときくらいしか食べません。
それも、今どきちょっと気のきいた旅館やホテルなら生卵そのままじゃなくて、せめて温泉卵くらいには加工してきますからますます食べる機会がない。
しかしこのときワタシったら勿体ないことに、タマゴを割るのに失敗して白身を少し流してしまいました。
ちなみに卓上には、たまごかけご飯用のお醤油が二種類、用意されています。
2
お味噌汁は葱、油揚げ、若布と具沢山。(でも味は薄い)
4
ご飯は“やさとコシヒカリ”、香の物は“やさとキュウリの浅漬け”です。
ご飯はウチで食べるほうが美味しいし、おしんこったって薄い干からびたようなキュウリが三切れ…何とも寂しい。
まあ、テーブルにはふりかけの瓶が備え付けてあるので、とりあえずご飯一膳を食べきるだけのお菜は十分でしたけど。
この次は、100円プラスしても、納豆か塩鮭の付くワンランク上の定食にしよう、っと。
この次があれば、の話ですけど。

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »