« 松戸 新宿らーめん亭の塩らーめん+チャーハン | トップページ | 池袋 タカセのカニクリームコロッケ »

池袋 西武百貨店屋上・かるかやのおろしうどん

仕事で池袋に出た帰り道、池袋西武百貨店に寄り道してお昼を食べて行く。
屋上の讃岐うどん かるかや というセルフうどんの店に行ってみます。
エレベーターで屋上に上がって、すぐ正面。
ワタシがこの店を知ったのは、もちろん漫画『孤独のグルメ』 (扶桑社/久住昌之原作、谷口ジロー画)を読んで。
第16話「東京都豊島区池袋のデパート屋上のさぬきうどん」より。

Photo Photo_2

店の中にいたおっちゃんに「おろしうどん」と注文すると、「熱いのと冷たいのがあります」と聞かれるので「熱いのを」とオーダー。
(漫画の中では、主人公が「月見おろしうどん」と注文していたけど、お品書きでは「おろしうどん」で、タマゴも入っているのであった。)

Photo_2

おろしうどん400円。
揚げ玉、たっぷり大根おろし、刻み葱、たまご。
ダシは透明な関西風。
おっちゃんが丼をお盆に取って、お箸を添えてくれるので、七味を自分でふって好きなテーブルに陣取る。
11月とはいえ汗ばむようなぽかぽか日和のいい天気。
屋上のテーブルでセルフのうどんを食べるのはちょっと面白い体験です。
まるで子供のころに戻ったみたい。 

Photo_4

ワタシは関東者で普段は断然そば派なのですが、こうしてたまに食べるとうどんもいいね。
おっちゃんがあらかじめ茹でたのを丼にとってある作りおきながら、けっこう美味しい。
食べているうちに、ダシの熱気でタマゴが固まってカルボナーラのようにちりちりとうどんにこびりつくのがいい感じ。
ツユはあっさり味でそこに揚げ玉が風味を添えているし、大根おろしがまたさっぱりとしたお口直しになります。
漫画に紹介されるくらいだから人気店らしく、ワタシが食べ終わる頃、平日のお昼前とはいえ店の前には早くも数人の行列ができていました。
食後にお冷が飲みたいなあ。
セルフの屋台店だからお冷も付かないのよね。
自販機はずらりと並んでいるけど、井之頭五郎のように屋上の園芸店にちょっと寄ってサボテンを眺めたら、とりあえず会社に戻ってお茶を淹れて飲もう…。

« 松戸 新宿らーめん亭の塩らーめん+チャーハン | トップページ | 池袋 タカセのカニクリームコロッケ »