« ピエールマルコリーニのパフェ | トップページ | 珈琲館 紅鹿舎 »

神楽坂 ル・ブルターニュ

きのう人間ドックの待合室に神楽坂特集の雑誌が置いてあり、それを見ていて「クレープが食べたい!」と思っちゃったわけで、今日は神楽坂へ。

JR飯田橋から歩いていくと、「紀の善」は今日までお盆休みとのこと。なあんだ、そぉかぁ…。

「五十番」を過ぎ、「鳥つね」が見えてきたらもうこのへんです。

そこの左手には善国寺。神楽坂の毘沙門天さんです。

09 12

細い路地を曲がると、小さなマンションの1階に何やら控え目な佇まいながら緑の多い一角が目につきました。

これがカフェ クレープリー ル ブルターニュ ですか…。

神楽坂にはフランス人が多いそうですが、この店の隣の民家にも外人さんの姿がありました。

開店時間の11:30を少し過ぎて、案内が始まります。

混むことで有名なお店ですが、平日の開店早々とあって先客は1人あっただけで、楽々2番目に通されました。

それほど広くない店内にはテーブルが所狭しと置かれているほか、戸外のテラス席もあります。エアコンの要らない時期なら、テラスもいいね。

04

店員さんがメニューを持ってきてくれて、「本日のスープは冷たいパンプキンのスープです」と言い置いていく。

ワタシは平日のみのランチメニューがお目当て。

そば粉のクレープ(ガレット)にサラダ、デザートクレープ(クレープグラッセ)にドリンクの付く1,680円のセットがいいな。

ガレットは〈ガレット・コンプリット〉、デザートは〈クレープグラッセ〉のメニューの中からそれぞれ好きな一品を選べるようになっている。

ワタシが選んだのはメインにコンプレット トマト シャンピニオン(かきまぜタマゴ、ハム、スイスのグリュエールチーズ、オーガニックトマト、シャンピニオン)、デザートはキャラメル ブールサレ(塩キャラメル)。

ドリンクは、シードルにしました。どんなもんだか知らないが、リンゴ酒を発酵させて作るお酒だそうで、どうせなら飲物もブルターニュらしくと思って…。すると、スタッフの女性が「辛口でいいですか?」と聞いてくる。エッ!? メニューには、<シードル 辛口・甘口・オーガニック>と3種類。ワタシはどうせ初体験なので、お店の人がいちばんに口にするのがお勧めなのだろうと思って、仰せのとおりにしておきます。

03 02

スタッフのお姉さんが小さな細い瓶からお椀(カフェオレボウル)にいっぱい飲物を注いでくれる。

それはオレンジ色の飲物で、表面がぷちぷち、ぷちぷちと発泡しています。

へぇー、これがシードル?

ひとくち飲んでみると、甘くて飲みやすーい。

本当にアルコールなのだろうか?炭酸飲料みたいだよ。

でもこのおわんにいっぱいだけぇ!?

テーブルには「食前酒」のメニューが数種類出ていますが、どれも600円前後。これ、みんな量的にはこんなものなのだろうか? そりゃおわんいっぱいとはいえ、なみなみだけどさぁ。

しかも別にお水も出ないのだ。ここ、高いとは聞いていたけどなんかなあ…。仕方ないから少しずつ飲むことにしよう。

グリーンサラダはレタス、トマト、キュウリ、輪切りにした赤パプリカ、千切りにした人参、そしてセロリのように匂いのいい白い細長い野菜。フレンチドレッシングがかかっている。

サラダを少し食べているところに、ガレットが登場。

05 01

ガレットは結構なボリューム。このかたちを崩すのが惜しいと思いながらもカリッと芳ばしく焦げ目をつけて焼かれたクレープの端の方にナイフを入れると、しっかり焼かれた黄色いタマゴが中から現れました。

ワタシはピザは食べるけど、チーズそのものはあまり好まないのですがスイスのグリュエールチーズはクセがなくてイケル。

06

ワタシ、食事のクレープは日光で食べたことありますが、あまりにも味がなくて、ケチャップとか何とか、とにかく味付けのソースが欲しかった記憶があります。

ここのはシャンピニオンがかなり濃い目の味つけで、ハムをよけて食べても美味しいです。

それはいいのですがチビチビ飲んでいた一杯盛りきりのシードルも、そろそろ底をついてきました。このあと、さらにデザートがあるのに、飲物がなくては…と、ドリンクメニューを持ってきて貰う。このときになってスタッフの人が「よかったらどうぞ」と氷入りのお冷やを出してくれました。ほんのりレモンの香りがする氷水です。お水があれば飲物は要らないんだけど…メニューを貰った手前、アイスコーヒー550円を追加注文。

07

ガレットを食べ終わると、デザートクレープが出てきます。

08 10

薄く焼かれたクレープに塩けのあるキャラメルソースがたっぷり。

そこにバニラアイスがトッピング。

お、美味しい!

だけどワタシはアイスクリームを少しずつ食べていたら、クレープを食べ終わる頃にはだいぶお皿の上に流してしまった。

あ~あ、勿体ない…。

お会計を頼むと、「今、席にお持ちします」と、店の人が小さなトレイに伝票をのせて持って来ました。こんなところもブルターニュ風?

11

これがそのトレイ。かわいいです!

クレープを2枚食べて、デザートを別に食べていく必要もないくらい、お腹はいっぱいになりました。

今度は、雑誌で見たような、目玉焼きののったガレットが食べたいなあ。

今日は、かきまぜタマゴのガレットを注文しちゃったので…。

そしてシードルはもういいから、普通のソフトドリンクにしよう。

何しろ量がアレじゃあね…。

神楽坂にはほかにも素敵なお店がいっぱい。

「不二家」のペコちゃん焼はカレー焼というのを出しているし、「五十番」の野菜まんもいいな。今日は寄らなかったけど、甘味処「花」も久しぶりに行ってみたい。

再訪、神楽坂!

« ピエールマルコリーニのパフェ | トップページ | 珈琲館 紅鹿舎 »