« 柴又・かなん亭 | トップページ | 神田・柏水堂 »

2009年7月18日 (土)

神田・さぶちゃん

今日から三連休ですが、土曜日なので開いている店は多いはず。
前から気になっていた神田のさぶちゃんへ行ってみる。
ワタシはとりあえず水道橋から歩いていったのですが、場所がよく分からずきょろきょろしていると神保町にほど近いあたりの横丁に3人ほど人が並んでいるのを発見。
お店の情報では11:30開店とあったけど、ワタシが到着した11:20にはもう7人ほどの狭いカウンターは埋まっていました。
それでも10分ほど待って席に着くことができました。
さて、ここは“半チャーハン”の発祥の店なのだとか。
きのう、かなん亭のラーメンを食べたので、今日はチャーハンを食べるつもりだったのだけど、みんな半チャーハンを食べているので、ワタシもつい「半チャーハン」と注文。
お世辞にも綺麗とは言い難い店の中には、オヤジさんと手伝いの若い衆の2人がカウンターの中で立ち働いている。
タコ坊主みたいな名物オヤジさんは時々タバコをくわえて表に出たりしている。
そしてまず先客の3人分のラーメンを出す。
手元の中華鍋には既にチャーハンができていて、コレに火を通しながら3人分の半チャーハンを盛りつける。
チャーハンの量がけっこう少なくなったところで、オヤジさんは残ったチャーハンをいったん別皿に取り、空いた鍋に玉子を2・3個割りいれてお櫃のごはんを入れて炒め、塩と大量のチャーシューを加えて新しいチャーハンを作る。
と、残りのチャーハンが入った皿をとりあげて、オヤジさんはそれもどかっと鍋に入れてしまった。なあるほど-、これを絶えず繰り返して、チャーハンを補給しているのだね。
さて、オヤジさんはチャーハンを補給するとまたタバコをくわえて外に行ったりしていたのだが、やっとワタシの注文にとりかかる。
ワタシと、あとの2人客の分とやっぱり3人分。
これがオヤジさんに作りやすい分量なのだと見える。
1_11 まずはラーメン。
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*

02_6 先に出されたラーメンの記念撮影をしているところに半チャーハン登場。
オヤジさんが「こっちも撮ってよ」と言ってくれました。
コップのお水は水道水です。
*
*
*
*
*

4_3 半チャーハン。
徳萬殿のに比べると、少量なのでホッとします。
さぶちゃんのラーメンを一口すすると…まずまったりとした動物性のダシから出るコク。
スープはけっこう濃い口。
麺はワタシ好みの細い縮れ麺。
具はチャーシュー、メンマ、刻み葱とシンプルです。
玉子とチャーシューだけのチャーハンはけっこう塩っからい。
イケルけどね。
(だって、前に塩を入れて作ったチャーハンを継ぎ足して作るんだから、さもありなん)
半チャーハン690円。
これもやみつきになりそうなお味の新発見でした。

|
|

« 柴又・かなん亭 | トップページ | 神田・柏水堂 »

千代田区」カテゴリの記事