« 神田・近江屋洋菓子店 | トップページ | 神田・さぶちゃん »

2009年7月17日 (金)

柴又・かなん亭

  代休の今日は、上野あたりに出ようと思っていたのですが朝の常磐線快速列車のトラブルがあり、各駅停車は動いていたので松戸からひと駅乗って金町で下車、京成電車に乗り換えて柴又へ行ってみました。

柴又…ウチから近いのに実に何年ぶりだろう。

01_11駅前に、やっぱりあった寅さん像。

いや、ワタシは全然ファンではないのですが…。

02_7おせんべい屋、だんご屋、飴屋、川魚料理屋などが軒を並べる門前町を抜けて、柴又帝釈天へ。

『寅さん』シリーズであまりにも有名ですが、ほんとうは題経寺という日蓮宗のお寺です。

04_5柴又帝釈天の境内。

03_6 本堂前にある水神様。

も、とにかく暑い暑い日で、ワタシにはここがいちばん気に入りました。

冷たい泉がほとばしり出て、あたりにはさわやかなマイナスイオンがあふれています。

15_5

  〈柴又で見かけた猿たち〉

      駅前の三猿

05_5 参道で目につくのが帝釈天のお使いである

このお猿さんはこんなところにいてました。

06_8

16園田仏具屋さんの店先に並ぶ「はじき猿」。

布製の猿がのった竹をはじいて悪事災難をはじき去るという縁起物。

ワタシんちには20年位前、ここで買ったはじき猿がいます。

11_5お参りをすませて、お目当てのかなんへ。

07_3

特製ラーメン600円。

添えられた木杓子でスープを一口すすると…「ン!?」

魚介のダシがきいている…というより、ナンというか魚くさい?

これまでのワタシのラーメン人生には無かった味わい。

08_2 海苔、メンマ、チャーシュー、刻み葱、削り節に昆布の佃煮の千切りまでのっている。

海の香りがするラーメンですね。

とても脂っこいが、けっこうクセになりそう。

ただお肉の嫌いなワタシには、チャーシューがよく煮込まれていてぼこぼろとしてお箸で除けようとするそばから崩れてしまうのが困りもの。

量は少なめなのでこのあと甘味を味わうにはちょうどいい。

09_2 白玉クリームあんみつ750円。

10_3 白玉、抹茶アイス、つぶあん、チェリー、ミカン、メロンまで入って豪華。

添えられた黒蜜を控え目に?注ぎ、トッピングをかきわけていくと、赤えんどう豆と寒天がごろごろ入っている。

手作りだという寒天がとても美味しい。

帰りに買った「丸仁」の佃煮がとても美味であったことを書き添えておきます。

新宿高島屋や松戸伊勢丹にも支店があるみたいだから、また買おうかな。

« 神田・近江屋洋菓子店 | トップページ | 神田・さぶちゃん »

葛飾区」カテゴリの記事