« 2009春のGW~鳥取の旅 2日目②三徳山三仏寺その1 投入堂へ登る | トップページ | 2009春のGW~鳥取の旅 2日目③鳥取 »

2009年5月 2日 (土)

2009春のGW~鳥取の旅 2日目③三徳山三仏寺その2 皆成院の精進料理

Photo_74投入堂の往復に1時間半かかり、なんとかぶじに下山。

宝物殿で蔵王権現さまにご対面したら三仏寺に三つある宿坊の一つ、皆成院へ。
皆成院の門前。
料理には定評のある宿坊で、繁忙期はお食事処としても開放されています。

Photo_75 “羽黒の間”にていただく、3,000円のお献立。

ワタシは10年ほど前この同じ部屋に宿泊したことがあります。

思い出深いお部屋です。

01_12 ①青海苔コンニャク
酢味噌つき

02_8②炊き合わせ
 竹の子、人参、ふき、ワラビ、椎茸

03_7 ③長芋の紅白なます

05_6④人参と竹の子の炊き込みご飯

06_9 ⑤しめじのお吸い物

07_5⑥沢庵(黄色いのと白いのと、二枚ずつ二種類)

08_3 ⑦精進揚げ
長芋、三つ葉、椎茸
抹茶塩

09_3 ⑧三徳豆腐
お醤油ちょっとたらして

10_4 ⑨お蕎麦
おそばも揚げ玉もワサビも既製品のよな味わい…でも美味しいから、いいんだ

11_6 ⑩茶碗蒸し
 三つ葉、かまぼこ、竹の子、百合根
 カマボコ入りの茶碗蒸しが付いた時点で、すでに精進料理から外れている気もするが…
あいにくワタシは茶碗蒸しが好きなんだ

12_5 ⑪竹の子の木の芽和え
木の芽のプーンといい香りが春らしい

13 ⑫ふきのごまよごし

Photo_77司馬遼太郎も『街道を行く』のなかで舌鼓を打った三徳豆腐。
別名を美女豆腐という。
しっかりとしたコシがありながらも繊細な味わいです。
わさび漬が添えられるのが特徴。

Photo_79 皆成院の庭園にて。
池のほとりに咲く石楠花の花。
しゃくなげは三朝町の 町の花です。

Photo_80三仏寺から少し離れた投入堂遥拝所より、遠く投入堂を望む。
自分がついさっきまであのすぐ近くにいたなんて何だかとっても不思議な気分…。

|
|

« 2009春のGW~鳥取の旅 2日目②三徳山三仏寺その1 投入堂へ登る | トップページ | 2009春のGW~鳥取の旅 2日目③鳥取 »

鳥取県」カテゴリの記事