« 榛名・伊香保の旅~2日目 | トップページ | 草津温泉の旅~2日目 »

2009年2月20日 (金)

草津温泉の旅~1日目

  Photo_54

草津よいとこ一度はおいで~♬

…というわけで、今回は群馬の名湯・草津温泉へやって来ました。

草津温泉のシンボル・湯畑

この日は時おり小雨模様だけど、周辺には雪がたくさん残っています。

Photo_55

湯煙がすごい。

Photo_56

湯畑の泉に勢いよく流れ落ちる湯の、エメラルド色で美しいこと。

Photo_57

湯畑にある「ここの標高は1,156m」の碑も雪をすっぽり被っています。

なんか、かわいい♡

01 03_2

湯畑に近い老舗の喫茶店、茶房ぐーてらいぜ でケーキセットを頂きます。

02 ケーキはクラシックショコラ

アーモンドスライスをのせた生クリームが添えられる。

04

お昼は、柏香亭のおそば。

もりそばと、まいたけ天ぷら を注文しました。

先に天ぷらが出てきます。

揚げたて、さくさくのまいたけ天です。

05

お店の一角ではご主人がそばを打っているのをガラス越しに眺められます。

まさに“三たて”でみずみずしく、のど越しがよいお蕎麦。Photo_67

Photo_69Photo_68

06

西の河原公園に向かう途中、

だんべえ茶寮に入ります。

手づくり豆かんてん アイスクリーム入り

草津名物花いんげん豆がトッピングです。

Photo_58

西の河原公園。町中と違って、こちらはまだずいぶん雪深い。歩くのがちょっとたいへん…。

Photo_59

道端のお地蔵さん。

雪に埋もれています。

赤い前掛けがいじらしい風情…。

Photo_60

湯畑のそばにある白旗の湯

無料で入浴できる共同浴場です。

Photo_61

白旗の湯は真っ白な濁り湯。

身体がほかほか暖まる~。

Photo_62

アッ!

07

草津で知る人ぞ知るお菓子やさん・箱田屋

ショーケースには、おいしそうな和洋菓子がたくさん並んでいます。

08_2コチラは和菓子のコーナー。

09

お目当ては田舎まんじゅう

一個80円。安い!

大ぶりのおまんじゅうの中には、ピリ辛の高菜がたくさん包まれています。

ほんのり甘い皮と絶妙にマッチ!

本日のお泊まりは、かんぽの宿草津

今ウワサの日本郵政の宿!

この日も国会中継で鳩山総務大臣と日本郵政社長が答弁しているところが取り上げられていた。

10 かんぽの宿草津の夕食は2階レストランで頂く。

〈谷川の膳〉というコースを予約してあります。

食前酒はいちごワイン。

あと生ビールをとる。

11 先付:二色豆腐

(黒胡麻と青海苔)

12 で、こちらが三色塩(抹茶と柚子と梅)

でもナニも塩を三種類揃えなくてもよいと思う…。

美味しいお豆腐ならそのまま食べたいし。

13 前菜:丸十レモン煮、手長海老素揚げ、南京小倉羊かん

“丸十”とは和食の世界で、さつま芋のことだそうです。

14

造り:鮪、寛八、サーモン、甘エビ、妻いろいろ

15

いのしし鍋の具材。

左上にちょっと見えているまるいモノは、“すいとん”です。

16

鍋が煮えたところ。

ちょっとクタッとなっているようですが美味しかったです。

17

蓋物:豆乳とジャガイモのスープ

18

煮物:フカヒレ、つくね、海老芋、カニあんかけ、白かぶら

キクラゲとオクラも入ってます

19

揚げ物:蓮根穴子の挟み揚げ、舞茸、ししとう、黄ズッキーニ、エリンギ。

天つゆでいただきます。

20の物:

湯葉コンニャク、彩り野菜、辛子酢味噌

21

食事:ご飯、汁、香の物

汁は味噌汁で庄内麩と若布。

22

デザート:生ハムメロン、ポテトムース、青梅ゼリー寄せ。

オードブルではないんだからメロンに生ハムに要らないのでは…。

Photo_63

かんぽの宿草津の大浴場。ココでは万代鉱源泉を引湯。

その効き目ったら…ちょっとでもお湯が目に入ろうもんなら痛いの、何の。

Photo_64の露天風呂。暗い空からは、ちらちらと細かな粉雪が吹きつけてきます。

草津の夜は更けゆく…。

|
|

« 榛名・伊香保の旅~2日目 | トップページ | 草津温泉の旅~2日目 »

群馬県」カテゴリの記事