« 新春の長野の旅~1日目②松代 | トップページ | 新春の長野の旅~2日目②長野 »

2009年1月11日 (日)

新春の長野の旅~2日目①松代

  国民宿舎松代荘の朝ご飯はレストランで和洋バイキング。

01特に目ぼしいモノが並んでいるわけではないのだが…取りも取ったり。(実はコレでも一部)

01_2 プレーンオムレツ・皮付きジャガイモの煮っころがし・りんごサラダ・玉子焼き・金時豆・ほうれん草のお浸し・切干し大根と人参の煮付け・野菜サラダ

01_3

胃に優しい青菜がゆ。

梅干・はりはり漬・しそ漬、野沢菜わさび海苔を添えて。

この「野沢菜わさび海苔』は売店にも置いてあり、一瓶買って帰りました。

01_4 松代にきたら長芋のとろろも外せない。

01_5 パンも食べちゃいました。

クロワッサンにバターロール。

杏仁豆腐、パイン。

ミルクにコーヒー。

01_6

お風呂は朝夕で男女が交代します。

(朝は日帰り共用の浴室はやっていない)

01_7

こちらの露天風呂にはつぼ湯があります。

01_8

ほかと違って、つぼ湯のお湯はちょっと白濁して透明です。でも舐めてみるとちゃんと鉄の味がする。

これは、お湯が空気に触れて参加して赤茶色になる前に湯口から注ぎ落ちるから…だそうです。

01

国民宿舎から松代の町へ戻る道すがら。

近くの川原ではだるまや松飾りなどが篠竹といっしょに山となって積み上げられている。明日は「どんど焼き」があるらしい。

01 町外れにある真田家の菩提寺、長国寺

境内の奥に真田家代々の霊廟が佇んでいます。

01_3

梅津城(松代城趾)。

大手門や太鼓橋、石垣などが復原されています。

いい散歩道。

長野市と合併して、松代にはかなりおカネが流れるようになった?

01_4

お昼は真田公園隣の日暮庵へ。

営業時間が短い店なので開店して早々の時間を狙ってきました。

01_5

そば定食ミニ天ぷら付き1,650円。

長野に来たらやっぱりおそばを食べたい。

01_6

揚げたての野菜の天ぷら。

ミニといっても南瓜、長芋、薩摩芋、ししとう、しめじと豪華。

天つゆにちょっとつけて。

01_7

松代特産の長芋のとろろを使った麦とろ。

01_8

以前来たときはざるそばだったんだけど(海苔がかかっていた)…メニューの写真もざるだったし。

今は、もりそば。

小さめのせいろに気前よく盛り付け。おそばはしなやかでのど越しが良い。

そば湯も付きます。

01_9

食後は松代の中心にある真田公園を散策。

松代藩の名家老であった恩田木工民親(おんだもくたみちか)の銅像が立っています。

この像の付近は、恩田木工の屋敷跡だったそうです。

「日暮し庵」も恩田家ゆかりの家であるとのこと。

池波正太郎が恩田木工を題材にした作品を書いているそうな…読んでみたい。

|
|

« 新春の長野の旅~1日目②松代 | トップページ | 新春の長野の旅~2日目②長野 »

長野県」カテゴリの記事