« 神楽坂・紀の善の粟ぜんざい | トップページ | ラ・クレアのパスタランチ »

教習所日記23日目

本日のスケジュール

2時限(9:40~10:30)急制動シュミレータ

3時限(10:40~11:30)セット学習

4時限(11:40~12:30)学科教習2-11

5時限(13:30~14:20)高速シュミレータ

2時限は「急制動シュミレータ」という項目です。普通に配車機にIDカードを入れて配車券を引き、受付に出すと別棟にある「シュミレータ室」へ行けという指示。予鈴が鳴ってその部屋に行くと、入口で教官が待っていて教習原簿と手帳を渡し、靴を脱いでむかし学校で履いたていたような白い上履きに履き替えます。室内には車の運転席だけ取り付けた装置がでーんと置かれ、前面にはCGで風景が再現される大きなパネル。運転席にはエンジンやATのチェンジレバー、ハンドブレーキとシートベルトもあります。受講者は私と、大学生くらいの男のコの二人。

要はこの装置でいろいろな速度で車を走らせて、前方に障害物を発見した場合、どれぐらいの停止距離が必要になるかという体験を行うのである。もう一人の男のコは器用にすいすい障害物を避けて停まるのに対し、自慢じゃないけど私はゲーセンでこの手のゲームをやったこともないし、平気で障害物にぶちあたって判定不能を出す始末。これが実車だったら生きていない。

3時限、「セット学習」。実は次の4時限とセットの教習で、最初の1時間は教習生3人で実車してそれぞれの運転内容のチェックを行い、5時限ではその内容をもとにディスカッションを行う、という教習項目である。教官はお馴染みのⅠさん。

で、ジャンケンしてトップがワタシということになって事前点検を済ませて路上に出たのだが、…車道を走る自転車に接近(自分では自転車を注視して避けたつもりだったんだけど)したり、合図が早過ぎたり、左折時に左後輪が縁石に当たったりと突っ込みどころ満載の結果でした。あとの二人は若い男の子で、どちらも手慣れた様子ですいすい問題なく走る。

で、教習所に戻って4時限。指定された教室に集まる。ほかの二人は特に問題ないのに、ワタシの運転内容についてはさぞ“ディスカッション”に話題を提供するのだろうなと思って穴があったら入りたい気分だった。でも、蓋を開けてみたら教官のⅠさんはさっきの実車については全く触れず、これから教習生が受けることになる効果測定や卒業検定問題について説明するだけであった。(それとも、ワタシに気をつかってくれたのであろうか?) 

試験問題は7~8割が第1段階で、それもひっかけ問題が多い。例えば、

Q:優先道路を走行する車が、交通整理の行われていない交差点で右方から来る路面電車と出会った場合、優先するのは車か路面電車か

A:車が優先。優先道路だから。これが優先道路ではなく、交通整理の行われていない道幅が同じような道路の交差点の場合は、路面電車が優先となる。「路面電車は右左方に関係なく優先」と教本にあるのを思い出して、何となく路面電車に優先イメージがあるんだけど、第1原則は優先道路になるのね。

あとの1~2割が第2段階から出題されるが、「イラスト問題」による危険予測問題も配点が多い。ということで、とにかく第1段階の勉強をしっかりやっておく、とのこと。

これで前の実車と合わせて2時間の「セット学習」はおしまい。いいのか、これで?

お昼休みの1時間は、外に出ないで学科教本を読んだり問題集を解いたりしてました。いちおう、このままいくと来週日曜に効果測定だしなあ、少し勉強しないと。

5時限、「高速シュミレータ」。さっきと同じシュミレータ室で、ワタシと若い男のコと女のコの3人。一般道路からスタートして高速の料金所を通過して加速車線から本線車道に入り、途中のSAで休憩してまた本線車道に戻る、というシュミレーション。その間に周りの車の状況により追い越し、追い抜きもやってみたりする。高速では一般道路よりもハンドルの動かし方はうんと少なめでいい。(急ハンドルはとても危険!) ヘタすると他車と衝突します。ワタシはちょっと動いたところでぶつかりました。

ワタシ明日、高速教習なのですが、こんなんで生きて帰れるでしょうか? 教官のⅠさん(イニシャルは同じでも、午前中とは違うⅠさん)は「シュミレータでぶつかっても何でも、高速には出て貰います」とのたまう。しかも高速の前後の一般道は「自主経路」で、道を覚えなきゃなんないのだった。しかもこの教習は単独ではなく2人か3人で乗るので、ドコのルートが当たるのか分かんないという恐ろしさ。ワタシ、道なんか全然知らないよ? さあ大変、きょう帰ったら道を覚えなきゃ。あああ、ワタシがせめて自転車に乗れたら、ルートを自分で漕いでみるのにぃ~。

« 神楽坂・紀の善の粟ぜんざい | トップページ | ラ・クレアのパスタランチ »