« 松本楼でランチ | トップページ | 香林坊の精進カツ定食 »

教習所日記24日目

本日のスケジュール

5時限(13:30~14:20)高速教習

6時限(14:30~15:20)高速教習

7時限(15:30~16:20)高速教習

さて、恐れていた高速教習です。配車券を引くと教官はMさんに当たりました。受付に配車券を出すと「今日は地図をお持ちですか?本日は3人教習になっています」と言われる。

時間になってMさんの車に集合。教習生は3人とも女性で、1人は昨日の高速シュミレータで一緒になったハタチくらいのコ、もう1人は20代前半くらいの人。ちなみに本日、高速へ行くのは3台だそうです。高速に出る際は、強風で吹き飛ばされる事が無いよう車上の番号マークは外していきます。ジャンケンしてワタシが3番手という事になりました。1番手だったら、途中まではいつも路上教習で通るコースだったのに~。こうして女性ばかり4人乗った車でいざ、路上へ。

コースは、教習所→松戸自動車教習所→豊四季駅→常磐道に入って谷田部インター。途中途中で運転を交代していきますが、実際は教官が道を教えてくれるので、コースについてはあんまり心配はないのであった。ワタシは昨夜、必死に地図まで手書きして何とかうろ覚えしてきたのに…。

で、ワタシの運転で高速に入ったのですが、走行位置が右に寄り過ぎて教官に「キープレフト」と注意される。で、左に寄ってたら何かガリガリという音が聞こえる。「あれは車線に溝が掘ってあって、これより行き過ぎると危険だという警告です」そ、そうなんだ…。隣の教官に言われるままぐんとアクセルを踏む。ひえー、時速100㌔!! 自分がこんなスピードで走ってるなんて信じらんない!! しかし調子に乗ってると速度オーバー。速度を見ながらアクセルを踏み踏みしてたら「アクセルは踏んだまま、速度維持をするように」と注意される。

後半はあとの二人が変わりばんこに運転して、二人とも左に行き過ぎてガリガリ言わせることもなく速度も100㌔を維持してしごく順調。ワタシばっかりアレコレ注意されて恥ずかしい。ホント、穴があったら入りたいったら。

守谷SAで30分ほど休憩。お土産で一番多いのは「納豆」だった。でも、ウチの冷蔵庫、確か小粒納豆のパックが三つ入ってたしなあ。ワタシは何も買わず、サービスの玄米茶を一杯飲んだだけ。

帰りはやっぱり3人で運転を交代。ワタシはいちばんしんがりを務めましたが、はや日は暮れてマックラ。自主経路の筈だけど、教官が横から教えてくれる通りの道をとにかく言われるままに進む。だけど、ここでもやっぱり合図が早くて横道から車が出てきてちょっと危ないところだった。ダメだなあ、私…。こんなんで卒業できるのかしらね。

こうして、何とか教習所に戻ったのが17:20。ああ、何とか生きて帰れた…。高速教習は3時間のはずですが、1時間遅れでした。でも、高速のときはいつもこんなものだそうです。

明日は教習所の定休日だから、ワタシも家でゆっくりできます。しかしワタシ、いつまで教習所に通ったらいいのかね?

« 松本楼でランチ | トップページ | 香林坊の精進カツ定食 »