« 日本橋でごはん | トップページ | はと屋のコロッケナポリタン »

2008年10月18日 (土)

教習所日記14日目

やや投げやりな気分で迎えた1週間ぶりの技能教習。

1時限目の教官は初対面のSさん。若い人だけどなんかヤル気なさそうなちょっとぶっきらぼうな感じの人。先週ボツをくらった「みきわめ」コースの復習なのであまり詳しい説明もない。路端発進のとき、また右合図を忘れちゃった。駄目だなあ…。

外周の途中に停車中の車があったので「あれ避けていいんですか?」と聞くと、ボソッと一言、「検定のときは、その質問には答えられません」。…そっか、そーなんだ…。

またもや左折のとき大回りはするわ、クランクでは二度もポールに体当たりするわ…。それに、自分では進路変更の目視をチラとしているつもりだけど、「それでは曖昧です。もっと後方を見るように」と言われた。

当然、「もう少し頑張りましょう」ということになった。

次も予約を取っといて本当に良かった。

ご注意は、右左折の時はもっと小回りになるように、アクセルが小刻みになりがちだったり、逆にブレーキの踏み込みが1発強すぎなのでもっとスムーズになるように…「(ブレーキは)じわ~っと踏むんですよ」、ということであった。

あと、「S字コースでは左カーブの時は右に寄せる必要があるから、右前方を見る、出口付近の右カーブでは左に寄せるから、左前方を見る」というコツを教えて貰った。これは気をつけよう。

2時限目は、先週の日曜と同じHさん。教官がお手本を見せることはなく、いきなり自分でハンドルを握ることになった。前の時間に言われたこと、左大回りにならないように右左折のときは曲がる方向を見ながら進んだ。でも、これは前方不注意ともなりやすいから、兼ね合いが難しいんだけど。「ずいぶんうまくなりました」とは言われましたが、カーブ手前で速度を出しすぎちゃったこと、停止位置でブレーキの踏み込みが甘くて少し動いちゃったり(一時不停止)、クランクから出るとき又は右折して外周コースに入るとき、車の停車位置が出過ぎちゃったり(進行妨害)、カーブミラーの向こうから車やバイクが来るのを見落としたり(前方不確認)、いろいろやらかしました。

それでも、オマケもあったと思いますがみきわめOKを貰えました。注意事項は「止まらないように加速して余裕をもってブレーキを踏み、メリハリをつけること」でした。

終了後、予約カウンターで修了検定の申し込み。来週の日曜日(10/24)、ずいぶん間が空いちゃうけど検定は実施日が決まっているので仕方ない。

というわけで、ぜんぜん自信は無いけど来週が修了検定です。正直なところ、1発合格とは思ってないが、まあ2、3回やって場数を踏めば何とかなるかなと…。その分、お金はもちろんかかるわけだけど。

|
|

« 日本橋でごはん | トップページ | はと屋のコロッケナポリタン »

自動車教習」カテゴリの記事