« 教習所日記1日目 | トップページ | 教習所日記3日目 »

教習所日記2日目

今日は1時限目(8:40-9:30)の学科1-7「安全な速度と車間距離」に続き、2・3時限目と続けて技能研修。

初めて車を運転するのだ。そのため普段は使わないメガネをかけ、足もとはサンダルをやめてeccoのシューズ。

学科を済ませて配車カウンターで配車票を貰い、予鈴が鳴ると他の人に続いて表へ出る。

配車票の番号の車を探すと、女性のM教官。講習原簿を渡してまずは助手席に乗り込む。(あたりまえですね)

まずは、教官から車の乗り方やレバー、ブレーキの操作など簡単な設備について説明があり、コースを大回りしたあといよいよ運転席へ。

おお…車が動いた!ドキドキ、ヒヤヒヤして「ハンドルを持つ手が固いですよ!」と教官に注意される。そりゃー、緊張してますもん…。

初めての技能教習1時間目は、1段階~3段階「車の乗り降りと運転姿勢」「自動車の機構と運転装置の取扱い」「発進と停止」。ま、まだ運転以前の問題といったところです。

2時限目はベテランのS教官にバトンタッチ。

この時間では、主に運転の基本として運転席から見えるタイヤの位置の説明について説明を受ける。それから実際に自分で運転。ハンドルの持ち方が…なかなかコツがつかめません。教官は「10時のとこまで、3時のとこまで」という言い方でハンドルを正しく戻すようにと指示するのだが…

2時間目は、4・5段階「速度の調節」「走行位置と進路」の教習でした。

2時間乗ってもうクタクタだけど、4時限目(11:40-12:30)にも学科1-8「歩行者の保護など」があるのでそれを受ける。

これで土曜日の午前中は終わった。

« 教習所日記1日目 | トップページ | 教習所日記3日目 »