« 上野でごはん | トップページ | 根岸の里で食べ歩き2 »

2008年8月 2日 (土)

根岸の里で食べ歩き

暑い暑い土曜日。Photo Photo_14

JR鶯谷駅から歩いてすぐの豆富料理で知られた笹乃雪へ。

この店には、昔ながらの下足番のおじさんがおられます。玄関先に佇んだだけで中からサッと戸を開けて招き入れてくれます。一番の下足札を貰う。

玄関を上がってすぐ右の広い座敷(相席)へ。滝の見える窓側席に案内されます。

Photo_13 まずは生ビール550円

朝顔セット2600円[小付 中桶 あんかけ豆富 胡麻豆富 雲水 うづみ豆富 デザート]

Photo_2 最初に出るのは

とうもろこしの寄せ物。

海老・ウニ(たぶん…?)・赤いクコの実。天盛りは絹さや。

もう一品は、高野豆富・こも豆富・花豆。

東京で菰豆富が頂けるなんて!

Photo_3 冷奴

おろし生姜・刻み葱入りのお醤油付き。

まずはお箸で一口ちぎり、そのままで頂く。

ふんわりと甘味がある。

Photo_4 当店の名物、あんかけ豆富。

同じお味のお椀が二つ運ばれます。

温かい醤油味のあんかけ。

「上の辛子を散らしてお召し上がり下さい」と仲居さんの口上が付く。

Photo_5 続いては胡麻豆富。

おろし生姜をのせた味噌ダレ添え。

Photo_6 名前だけでは全く分からない「雲水」。

湯葉巻きの豆乳蒸しだそうです。

透けるように薄い湯葉の中には、蟹・貝柱(たぶん?)・しめじ・ほうれん草が包まれています。柚子のへぎ皮が添えられて香りがいい。

Photo_7 うづみ豆富[豆富茶漬]。

豆富・椎茸・フキなど山菜のこまか切りをのせたお茶漬けに松葉海苔。

これにワサビ・つぼ漬・間引き胡瓜の小皿が付く。

ワサビはお茶漬けにのせてサラサラとかき込む。んまい!

(このお茶漬けは、レジのところに瓶詰めのが売っていた)

Photo デザートは豆富のアイスクリーム。薄い緑色のソースが添えられています。

☆デジカメ写真が暗いのは、普通の露出度ではこのグリーンが出ないので、少し暗くしたからです。

本当は、お皿はきれいな明るいブルーでした。

« 上野でごはん | トップページ | 根岸の里で食べ歩き2 »

台東区」カテゴリの記事